現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1も”パーティモード”発揮へ? ホンダエンジンへの期待を語る

ここから本文です
スポーツ 2019.1.9

レッドブルF1も”パーティモード”発揮へ? ホンダエンジンへの期待を語る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルは、14年間にわたって共に闘ってきたルノーとの関係を2018年限りで終え、2019年からは新たにホンダとパートナーシップを結ぶことを決めた。

 2018年シーズン半ばに契約を結んだ両者は、定期的に情報を交換してきており、その結果レッドブルはホンダのパフォーマンスについて、昨シーズン中にルノーのそれを上回ったと確信している。

    ■F1の”現実”を理解し始めたホンダ。2019年は”チャンピオンパートナー”の1年目……ロス・ブラウン語る

 レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、2019年について、メルセデスやフェラーリと対峙できるポジションに入るべきだと信じている。

「(現在確認できている)数字は、我々を楽観的にしてくれる。パフォーマンスの向上についてもそうだ」

 そうマルコはmotorsport.comに対して語った。

「我々は初めて、パーティモードの恩恵を受けることもできるだろう」

「ホンダのエンジンは、ルノーエンジンよりも僅かに上回っている。GPSやホンダが提供してくれたデータを組み合わせると、我々はメルセデスやフェラーリと戦えるポジションにいるだろう」

「もちろん、彼らだって眠っているわけではない。しかし彼らはすでに、それほど飛躍できないほど高いレベルにある」

「もし10~15kW遅れを取っていたとしても、それはV8エンジン時代にルノーを使っていた時と変わらない。我々は(シャシー側で)その差を補うことができるんだ」

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーも、2018年シーズン終了後に、あと40kWパワーがあればシーズンは全く異なる状況になったはずだと語っていた。

 レッドブルは2018年に4勝を挙げたが、信頼性の問題に悩まされることも多かった。その一方でホンダはマクラーレンと別れ、トロロッソとのパートナーシップ1年目を過ごし、復活に向かいつつあることを印象付けた。しかしホンダもまだ、信頼性の懸念を抱えている。

 マルコはホンダとレッドブルの1年目が、全てスムーズに進むことはないだろうと考えているようだ。

「信頼性の面では、難しいことになるだろうことを我々は認識している」

 そうマルコは語った。

「おそらく我々は、3基のエンジンでシーズンを戦い切ることはできないだろう」

「しかし、(ペナルティを受けるのに)正しいコースを選ぶことができれば、数周でトップに戻ることができる。必要に応じて、エンジン交換のペナルティを受け入れるということが、コンセプトになるだろう」

 またマルコは、ルノー時代にパワーの面で劣っていたことを、改めて主張した。

「我々は最初からBカテゴリーだった」

 マルコはそう説明する。

「予選では、70bhp以上劣っていたんだ」

「コースによっては、その差は少し小さくなった。しかし平均すれば、少なくとも40bhpは劣っていたはずだ」

「GPSデータによれば、ストレートでどれほど劣っていたか、そしてその一方でコーナーではどれだけ勝っていたのかということは明らかだった。フェラーリのパワーがピークを迎えた時、その差はさらに顕著だった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します