現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 6年未勝利……マクラーレンは”勝ち方”を覚えているか? 新加入カルロス・サインツJr.の期待

ここから本文です
スポーツ 2019.1.9

6年未勝利……マクラーレンは”勝ち方”を覚えているか? 新加入カルロス・サインツJr.の期待

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カルロス・サインツJr.は、2019年シーズンから、マクラーレンに加入することになった。チームメイトは新人のランド・ノリスである。そのサインツJr.は、マクラーレンがまだ”勝ち方”を覚えていることを期待していると語った。

 マクラーレンはこれまでにF1で182勝を記録。この数字は、フェラーリの235勝に次ぐ、F1で2位の記録である。

    ■ホンダ、F1復帰後初の2チーム供給は”大きなメリット”。レッドブルとトロロッソのリヤエンド共通化も追い風に

 しかしマクラーレンが直近で勝利を挙げたのは、2012年のブラジルGPのこと。2014年の開幕戦オーストラリアGP以降は、表彰台にすら上がることができていない。

 2018年のマクラーレンは、シャシーが抱える空力面の問題により、大いに苦しむことになった。特にシーズン終盤には、ウイリアムズと最後尾を争うことが多かった。

「去年よりも良い結果を見たい」

 サインツJr.は、2019年への期待についてそう語った。

「チームもそれを見たいんだ」

「僕らはシーズンを通じて進歩することを望んでいる。それが全てだ。マクラーレンにはそれが可能だ。だからこそ、僕はチームに加わったんだ」

「マクラーレンは、F1で2番目に成功したチームだ。僕はそれを大いに信頼している。彼らは勝った。再び勝つためにどうすれば良いか、思い出すことを願っている」

「少しずつだけど、中期的な計画では、彼らはトップに戻り始めている」

 前述の通り、2018年シーズンはマクラーレンのシャシーの問題点が顕著に現れたシーズンだった。2017年までの3シーズン、マクラーレンは信頼性とパフォーマンスが欠如している原因は当時のパートナーであるホンダのせいだとして批判し続けてきた。しかしルノー製パワーユニットに切り替えても苦戦したことで、自己分析せざるを得なかった。

「ドライバーとしてだけではなく、ファンのひとりとしても、マクラーレンが復活するのを期待したいと思う」

 サインツJr.はそう語った。

「もし2019年がうまくいけば、物事がどう進んでいくのかという点で良いスタートになると思う。僕はマクラーレンを苦境から救い出し、数年間過ごすことができると本当に思っているんだ」

「現時点では、それが僕の目標だ」

「僕は1年ごとにやっていくつもりだ。しかし、マクラーレンがトップに戻るのを助ける、重要な要素のひとつになろうとしている」

「だからこそ、僕はモチベーションに満ち溢れているし、マクラーレンで働くのをとても楽しみにしている」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • piy*****|2019/01/09 14:59

    違反報告

    もうダメでしょ。
    ロータスの様に後は消えてしまうだろう。
  • nar*****|2019/01/09 15:28

    違反報告

    勝てるエンジン、勝てる車、勝てるドライバー、勝てるチーム、があって、ライバルより上手くやればかてるよ。
    ライバルより著しく劣ってるところがあるなら、死ぬほど頑張っても勝てねぇよ。
  • dor*****|2019/01/09 21:15

    違反報告

    僕らはシーズンを通じて進歩することを望んでいる。それが全てだ。マクラーレンにはそれが可能だ
     何を根拠に?ホンダ3年目の終盤には少し上向いた。でも、全てを見間違えた結果昨シーズンは下降のするシーズンだった。

    マクラーレンは、F1で2番目に成功したチームだ。
     たしかにそうだ。が、過去形だ。未来は分からない。無くならなけれ良いが…

    「少しずつだけど、中期的な計画では、彼らはトップに戻り始めている」
     机上の空論ってやつ。理想の計画なんて何の役にも立たない。しかも、周りのチームは
    立ち止まってはくれません。マクラーレンの計画よりも他のチームの進捗のほうが早ければ、
    差は今以上に広がってしまいますよ。
     いい加減に現実を見ようよ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します