現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ラリー・ジャパン招致応援団のトークショーも。東京オートサロン2019に『WRCパーク&ドリフトゾーン』登場

ここから本文です
スポーツ 2019.1.8

ラリー・ジャパン招致応援団のトークショーも。東京オートサロン2019に『WRCパーク&ドリフトゾーン』登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月11~13日に千葉県の幕張メッセで開催される東京オートサロン2019に『WRCパーク&ドリフトゾーン』と題したエリアが登場。2020年のWRC日本ラウンド招致を目指すWRC日本ラウンド招致準備委員会によるトークショーやブース出展、WRCオフィシャルグッズの販売、D1グランプリ、IDCインターコンチネンタル・ドリフティングカップの車両展示などが行われる。

 このWRCパーク&ドリフトゾーンは、幕張メッセの国際会議場2Fコンベンションホールに設置されるもの。期間中はラリーやドリフトにまつわる展示などが行われる。

    富士24時間レースの先行前売観戦券、1月10日に発売。東京オートサロン2019でも入手可能

 ラリー関連については、2020年のラリー・ジャパン招致を目指すWRC招致準備委員会やラリー・ジャパン開催候補地の地方自治体、ラリードライバーとしても活躍するタレント、哀川翔さんのブースなどが出展される。

 またWRCオフィシャルグッズやブース出展している地方自治体の特産品の販売が行われるほか、1983年モンテカルロラリーを戦ったニッサン240RSをはじめ、トヨタ・セリカGT-Four、1998年のWRCを戦ったスバル・インプレッサ、トヨタ・ヤリスWRCのレプリカ仕様などの車両展示も行われる。

 WRCについては、ファンが日本ラウンド招致への思いを書き込める大型バナーも登場。ここにメッセージを書き残すとステッカーがプレゼントされるキャンペーンも展開されるという。

 ドリフト関連はD1グランプリとドリフト世界一を決めるIDCによるブース出展のほか、D-MAXS15 SILVIA 1号機やMORI パーツオフ マークII、Team RE雨宮 K&N RX-7といったドリフトマシンが展示される。

 コンベンションホール内のステージではラリー・ジャパン招致を後押しするWRC招致応援団の梅本まどかさん、栗田佳織さん、小塚崇彦さん、安東弘樹さんなどが登場するトークショーや、ドリフトステージと題したプログラムが行われる予定だ。

 WRC招致応援団のトークショーは1月11日(金)の14時15~14時45分のほか、12日(土)の14時30~15時、13日(日)の14時~14時30分に行われる予定。そのほか、連日ラリーにまつわるトークショーも予定されている。

 そのほか、このコンベンションでは、例年多くのファンを集めるトミカブースも出展。会期中しかゲットできない限定トミカなどが販売される。

 チケットやアクセス情報など、東京オートサロン2019の詳細は公式サイトまで。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • acc*****|2019/01/08 18:05

    違反報告

    WRCって絶対日本中部で開催しなきゃならないのかね?新城の様子見てたら北海道で開催した方が簡単なんじゃないかと思う。ターマック開催したって小高い丘に密集させられて観戦でしょ?海外みたいにはならない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します