現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン「今後はチームオーダーなしにタイトルを獲得したい」ロシアGPでの苦い記憶が消えず

ここから本文です
スポーツ 2019.1.8

ハミルトン「今後はチームオーダーなしにタイトルを獲得したい」ロシアGPでの苦い記憶が消えず

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、2018年のF1ロシアGPでチームメイトのバルテリ・ボッタスに譲られて優勝したことは本意ではなかったとして、二度と同じ経験はしたくないと述べた。

 第16戦ロシアGP決勝、ポールシッターのボッタスがレースをリードしたが、途中チームの指示でハミルトンを前に出した。優勝したハミルトンは、タイトル争いのライバル、セバスチャン・ベッテルとのポイント差を拡大することができた。

    優勝をハミルトンに譲ったボッタス「チームにとって理想的なリザルトだが、僕にとっては辛い結末」:F1ロシアGP日曜

 レース後、ボッタスもハミルトンも表情が硬く、ハミルトンはこの勝利を誇りに思えないと発言した。

 シーズンを終えた後、このレースを振り返ったハミルトンは、「ああいうシナリオは二度と経験したくない」と語った。

「あのころ、チームとしては『ルイスがチャンピオンシップで十分ギャップを築き、追いつかれないようにするため、手を尽くそう。ダブルタイトル獲得のため、彼をサポートしなければならない』という感じだった」

「バルテリと僕は、事前にポジション交換について話をしたりしない。ふたりともコース上で戦ってポジションをつかむことしか考えていないんだ」

「あの週末はバルテリの方が速かった。彼が勝者にふさわしかった」

「すっきりしない出来事だった。(チームから)バルテリが前に出してくれると聞いた時、確か僕は『ペースを上げるよう彼に言ってくれ』というようなことを言ったと思う」

「予選では彼の方が速く、決勝では僕の方が速かった」

「彼が道をあけたので、前に出た。ああいう形で勝ちたいと思ったことはない。ドライバーなら誰でもそうだと思う」

「フィニッシュラインが近づくにつれ、心の中の葛藤が激しくなった。気持ちとしてはポジションを返したかった。でも、人生においても競技の世界においてもそうだけど、チャンスは決して逃してはならない。訪れたチャンスは必ずつかまなければならないんだ。気持ちを優先させていると、目指すポジションに立てないかもしれない」

「チームがああいう決断を下した。僕としてはあの後、彼にポジションを返したかったけれど、チームの選択に従うことにした」

「正しい決断だった。結局は必要なかったが、あの日は、どのように協力体制を敷くかという点において、重要な一日だった」

■「ボッタスはてごわいチームメイト」とハミルトンが称賛
 ハミルトンは、ボッタスのチームへの貢献とドライバーとしての速さを褒め称えた。

「バルテリにとってはきつい一日だったはずだ。彼は真のチームプレイヤーであり、尊敬に値する」とハミルトン。

「素晴らしいチームメイトだよ。僕のチームメイトになるのは楽ではないが、同じように彼のチームメイトになるのも楽ではない。彼はとてつもなく速く、その上、速さが増してきている」

「僕はメルセデスに来て6年だったが、彼は2年目だった。それでも油断できないんだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します