現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベッテル、クビアトらF1開発ドライバーの離脱を懸念せず「すぐに新しい人材が見つかるはず」

ここから本文です
スポーツ 2019.1.7

ベッテル、クビアトらF1開発ドライバーの離脱を懸念せず「すぐに新しい人材が見つかるはず」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ダニール・クビアトとアントニオ・ジョビナッツィがフェラーリでのシミュレーター作業から離れることに懸念はなく、フェラーリが相応しい後任者を見つけることを確信している。

 2018年、クビアトとジョビナッツィはフェラーリのマシン『SF71-H』の開発やセットアップなど、マラネロで広範囲にわたるシミュレーター業務を担当し、ベッテルはふたりの仕事ぶりを称賛していた。

    F1技術解説 フェラーリPU開発の軌跡(3):独自のダブルバッテリーシステムを採用。信頼性はメルセデスと互角

 しかし、2019年シーズンはクビアトがトロロッソ・ホンダに戻り、ジョビナッツィがザウバーのシートを獲得したことにより、フェラーリではシミュレーター作業やマシン開発を行うドライバーが不足することになってしまった。なおフェラーリは、ロバート・クビカが2019年のウイリアムズのシートを獲得する前には、彼にこの役割のオファーをしていた。

 フェラーリのテストドライバーとして契約中のマルク・ジェネとダビデ・リゴンは、折を見てシミュレーター作業に招集される可能性があるが、おそらく近い将来、フェラーリにはその役割に専念する人間が必要になるだろう。

「個人的に、シミュレーターは単に楽しくないので好きじゃないんだ」とベッテルは話した。

「でも確かにシミュレーター作業はとても重要なことだし、必要なツールだ。シミュレーターで発見したことに基づいてマシンを変更する。それがより良いものなら、僕たちもより嬉しい」

「僕たちは彼らにとても感謝している。金曜の夜という時間を考えたら、仕事をするうえで最高のものではないからだ。特に若いときはね。でも重要な作業だしすべてが意味をなすんだ」

「全員が自分の役割を果たし、最後にはステアリングホイールをこの手にする栄誉を得て、僕たち全員が作ろうとしたマシンを走らせ、パフォーマンスを発揮する」

「2019年、僕たちは新しい一歩を踏み出すことになるけれど、しっかりとすぐに適応できる人たちを見つけることになるだろう。だからシミュレーターの分野でも強いチームになると確信している」

 フェラーリはシミュレーター任務のためにジュニアアカデミーのメンバーを頼る可能性もあるが、クビカの昇格の結果、ウイリアムズから放出されることになったセルゲイ・シトロキンに接触することも考えられる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します