現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ダカールラリー:7日の走行開始に向けてセレモニー開催。競技参加者が顔を揃える

ここから本文です
スポーツ 2019.1.7

ダカールラリー:7日の走行開始に向けてセレモニー開催。競技参加者が顔を揃える

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月6日、ペルーの首都リマで第41回ダカールラリーの走行開始に向けて車検やポディウムセレモニーが行われ、全クラス合計334台の車両、541名の競技参加者が顔を揃えた。

 年初恒例のイベントであるダカールラリー。2019年の第41回大会は史上初のペルー単独開催となり、1月6~17日の間に全10ステージ、総走行距離5541kmで争われる。

    J SPORTS、2019年1月6日開幕のダカールラリーを連日ハイライトで放送。独自の取材部隊も派遣

 総合優勝を争う四輪部門では、ミニを使うX-raidに2018年大会覇者であるカルロス・サインツのほか、ステファン・ペテランセル、シリル・デプレの元プジョーワークスドライバーが集結し、大会制覇を狙う。

 また、同じくプジョーから参戦していたセバスチャン・ローブはプライベーターとしてプジョーのワークスマシンだった3008DKRをドライブ。自身初のダカール制覇に挑むほか、TOYOTA GAZOO Racing SAからはナッサー・アル-アティア(トヨタ・ハイラックス)も総合優勝に挑む。

 そのほか日本勢ではチームランドクルーザー・トヨタオートボデー(TLC)が市販車部門6連覇に挑むほか、日野チーム・スガワラも新型日野レンジャーを投入するなど体制を強化してクラス10連覇を目指す。

 二輪部門については、ホンダのワークスチームであるモンスター・エナジー・ホンダ・チームが直近2大会を制しているKTMをはじめとするライバルに挑む。

 走行を翌日に控えた6日、リマでは車検とファンを前にしたセレモニーなどが行われ、第41回大会に参戦する全参加者が続々と登場。会場に集まったファンから声援を浴びた。

 活動を終了したプジョーからX-raidへ移籍し、通算14回目のダカール制覇に挑むペテランセルは「去年優勝したときと、事前準備の方法は変えていない」と大会制覇への意気込みを語った。

「マシンとキャラクターを時には手なづけ、時には自分自身を合わせていかなくてならない。ダカールラリーは身体的にも精神的にも大きなチャレンジになるんだ。ドライバーだけでなくチーム全体にも大きな負担がかかるから、勝利は格別の満足感をもたらすんだよ」

 6日には飛行機と並走するデモンストレーションも披露したローブは、「いくつかのチームが優勝候補だと思うけど、僕たちもその仲間入りを果たしていると思いたい」とコメントしている。

「砂丘を走るのは大好きなんだ。過去3年間のダカール参戦で学んだことはひとつも忘れていないし、今も勝利への思いは強いままだ」

 第41回ダカールラリーの競技初日となる現地7日には、リマからピスコへ向かう総走行距離334km(ステージ距離84km)のステージ1が行われる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します