現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > KTM X-BOW GT4、日本初導入! スーパー耐久ST-Zクラスに全戦参戦

ここから本文です
スポーツ 2019.1.7

KTM X-BOW GT4、日本初導入! スーパー耐久ST-Zクラスに全戦参戦

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「KTM カーズジャパン」として KTM X-BOW の正規輸入販売を行っているエスシーアイ株式会社は、2019年にKTM X-BOW GT4を日本に初導入し、「ケーズフロンティア SYNTIUM KTM」としてスーパー耐久シリーズ ST-Z(GT4)クラスに全戦参戦することを発表した。

 オフロードバイクメーカーとして有名なKTMだが、多くのメーカーと共同開発したライトウェイトスポーツカーのX-BOWを生み出すと、想定以上の受注で生産工場を新設するなど人気を博している。

    ■S耐チャンピオン獲得の舞台裏:“嫌われ役”星野一樹の愛弟子への想い

 中でもX-BOW GT4は世界的に盛り上がりつつあるFIA-GT4規格のマシン。2018年に発表されたこのモデルは、バサースト12時間レースでクラス3位を獲得するなど、高いポテンシャルを持っている。

 ケーズフロンティア SYNTIUM KTMは、ドライバーに実績のある飯田太陽、加藤寛規、高橋一穂、濱口弘の4名を起用。メンテナンスを株式会社 童夢が行うという体制で、シリーズチャンピオン獲得を目指すとしている。

 日本で新たな挑戦をスタートさせるKTM。その活躍に注目だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ten*****|2019/01/08 00:33

    違反報告

    VTホールディングス(≒エルシーアイ)の高橋一穂社長
    2015年からスーパーGT300クラスにロータス・エヴォーラで
    参戦なさっていましたが、なかなか好成績を挙げられなかったのが
    残念でしたね…
    今季は心機一転、VT系列のインポーターでもあるエスシーアイの
    「KTM・X-BOW」をGTじゃなくてスーパー耐久で走らせるんですか~
    これは楽しみだわ~w

    しかしVTさんの扱いラインラップはどれも「趣味性」の高い車両ばかり…
    ロータス・ケーターハム・KTM・昨年からはあのモーガンも…
    バイクならノートン・モトモリーニに加え、今年からは「MUTT(マット)」
    という125/250㏄の単気筒バイクをイギリスから導入と…

    すごいですね~w
    高橋社長、次はあのF1の鬼才・ゴードン・マレーが設計に携わった
    新型「TVR・グリフィス」も、導入してみませんか…?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します