現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1代表「ホンダとの良好なコミュニケーションが成功のカギに」

ここから本文です
スポーツ 2019.1.7

レッドブルF1代表「ホンダとの良好なコミュニケーションが成功のカギに」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、新たなパートナー、ホンダとうまくコミュニケーションをとることができており、それが成功を目指す上で重要な要素になると語った。

 2018年にトロロッソにパワーユニット(PU/エンジン)を供給したホンダは、2019年に向けてレッドブル・レーシングとの契約も結んだ。レッドブルは長年のパートナー、ルノーと袂を分かち、ホンダとともにF1の頂点に返り咲くことを目指す。

    レッドブルF1代表、“アキレス腱”の存在を認めつつも、RB14の高い性能を称賛

「いかなるビジネスでもそうだが、特にモータースポーツにおいては、コミュニケーションが非常に重要な要素である」とホーナーは、ホンダとの新プロジェクトについて語った。

「ホンダは日本を拠点としているが、イギリスのファクトリーは我々の本拠と近いミルトン・キーンズにある」

「彼らとは活発に議論を行っており、それが非常にいい方向に働いている」

「極めて健全な作業環境を確立できていると思う。レッドブル・テクノロジー、トロロッソ、そしてホンダの関係を育むことに力を入れてきたので、2019年に完全に新しい環境になるというわけではない」

 2018年、コンストラクターズ選手権2位のフェラーリに152ポイントの大差をつけられたレッドブルだが、ホーナーはRB14は非常に優れたシャシーだったとして、それは2019年シーズンに向けていい兆候であると考えている。

「(2018年シーズン)序盤、マシンはとても強力だった。しかし(ルノー)エンジンのアップグレードが導入されたモントリオールごろ、ライバルたちから後れをとるようになった」

「メルセデスやフェラーリとの差が広がってしまった。しかしサマーブレイクの後、再び戦えるポジションに戻ることができた」

「マシン開発をうまく進めることができたのだ。その結果、連続して表彰台を獲得することができた。シーズン後半、マシンを積極的に改善していった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します