現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ポルシェ、新型718ケイマン・GT4クラブスポーツをリリース。ニーズにより2バージョンを用意

ここから本文です
スポーツ 2019.1.5

ポルシェ、新型718ケイマン・GT4クラブスポーツをリリース。ニーズにより2バージョンを用意

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポルシェは1月3日、各メーカーから適応したレーシングカーがリリースされているGT4カテゴリー向けに、ポルシェ718ケイマン・GT4クラブスポーツを改良してリリースした。すでに受注はスタートし、2月にはデリバリーがスタートする。

 アウディやBMW、メルセデスAMG、ジネッタやマクラーレンなど各メーカーからマシンがリリースされ、高額でジェントルマンドライバーには要求が高いGT3に対し、活況となりつつあるGT4カテゴリー。そのなかで、早期にGT4に対応したマシンをリリースしたのがポルシェで、先代のポルシェ・ケイマン・クラブスポーツMRは各国のシリーズで活躍をみせた。

    ニッサン復帰の2019バサースト12時間にGT3メーカー10社が参戦。エントリーは計43台に

 そんな718ケイマンGT4のニューモデルは、さまざまな意欲的な要素をもってバイザッハからリリースされることになった。大きな特徴は、アマチュアが走行会などで使用できる“トラックデイ”モデルと、レースに使用するための“コンペティション”という2バージョンが用意されたことだ。

“トラックデイ”モデルはショックアブソーバーが固定式で、ABSやESCがハンドリングの許容度を大きくするほか、エアコンやルーフのレスキューハッチを備えており、ハンドヘルド型の消火器、80リッターのFR3セーフティーフューエルセルを備える。また、すべてのポルシェセンターでリペアを行うことができるという。価格は13万4000ユーロ(約1657万円)+税となっている。

 一方“コンペティション”は、コース特性に対応してショックアブソーバーが3段階に調整できるほか、115リッターのセーフティーフューエルセルをもち、長距離レースにも対応。ブレーキバランスシステムやエアジャッキを備え、本格的なレースに対応する。さらに911 GT3 Rから採用されたクイックリリース・レーシングステアリングホイール、自動消火システムなども備える。こちらの価格は15万7000ユーロ(約1941万円)+税だ。

 メカニズムとしては、前モデルから40馬力アップなどを果たしたほか、ダウンフォースも向上。ユニークな試みとして左右ドアやリヤウイングに、麻などの天然有機繊維の混合物を使いながらも、カーボンと同等の重量と剛性を実現しているという。

「新しい718ケイマン・GT4クラブスポーツは、成功した前モデルよりもさらに多くのレースの遺伝子を備えている」というのは、ポルシェ・モータースポーツ代表のフリッツ・エンツィンガー。

「エンジンのパワーは大きく増え、同時にダウンフォースも増やすことができたし、コクピットはドライバーのニーズに対応している。421台もの台数を納入した先代よりも多くの車両を売り上げることができると確信しているよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

TOKYO AUTOSALON 2019

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します