現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アロンソ、「特別で感情的な」バトルをしたシューマッハーをF1最大のライバルにあげる

ここから本文です
スポーツ 2019.1.5

アロンソ、「特別で感情的な」バトルをしたシューマッハーをF1最大のライバルにあげる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1での最後のレースの後、最大のライバルとして誰を挙げるかと聞かれたフェルナンド・アロンソは、「特別で感動的な」戦いを繰り広げたとしてミハエル・シューマッハーをあげた。

 アロンソがライバルとしてミハエル・シューマッハーを選んだという事実は、彼が2005年に初めて世界チャンピオンのタイトルを獲得した際に、偉大なシューマッハーの牙城を崩したドライバーであったことを考えるとまったく驚くことではない。

    【ブログ】特別編Shots!アロンソの時代を予感させたルノー時代

 当時ルノーに在籍していたアロンソは、シューマッハーが5年連続のタイトルを獲得した翌年に、彼に打ち勝ってチャンピオンに輝いた。

「ひとりだけを選ぶのは当然のことながら難しい。もしもひとりだけ選ばなければならないなら、それはミハエルになるだろうね」とアロンソはCrash.netに語った。

「何か特別な理由があるわけではなく、僕がF1にやって来たときにはミハエルが圧倒的優位にあったからだ」

「自分がゴーカートを走らせていたころ、ミハエルが勝つのを見ていた。違うカテゴリーにいてミハエルが勝つのを見ていたのに、最終的には彼とホイール・トゥ・ホイールの戦いをすることになっていたんだ」

「だからあのときのバトルは間違いなく特別で、当時はより感動的なものだった」
 アロンソがF1で達成した32勝の最後の1戦は2013年のバルセロナだった。彼はシューマッハーが席巻した時代にレースをしていたドライバーと、現在のグランプリドライバーの一団は同等に素晴らしいと考えているが、その理由は異なるという。

「当時もそうだったが、現在のF1には最も才能のある世代がいるんじゃないかと思う。なぜならすべてのドライバーが、より良いかたちで準備をしてきているからだ」と彼は説明した。

「彼らは様々な若手育成プログラムの一環として、より長い時間をシミュレーターで過ごす。だから10年か20年前には考えられたかったようなレベルでF1に入ってくるんだ」

「良い道のりだったよ。ひとりだけを選ぶのならミハエルになるだろう。でもそれはただ感情的な理由であって、技術的な面からではないよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します