現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1代表、“アキレス腱”の存在を認めつつも、RB14の高い性能を称賛

ここから本文です
スポーツ 2019.1.4

レッドブルF1代表、“アキレス腱”の存在を認めつつも、RB14の高い性能を称賛

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルF1代表のクリスチャン・ホーナーは、チームのRB14シャシーは2018年のグリッド上でも際立っていたと考えており、否定できない弱点はあるものの、マシンの出した結果を称賛した。

 2018年シーズン、ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンのふたりのドライバーがそれぞれ2度優勝したことで、レッドブルは4度の優勝を飾った。しかし手痛い信頼性の問題と、相対的にパフォーマンスが低いルノー・エンジンのせいで、最終的には先頭のライバルたちに比べて遅れをとってしまった。

    フェルスタッペン、厳しい父親の英才教育が“タフ”なレッドブルF1で仕事する助けに

 それにも関わらず、シャシーの性能が完全なパワーを発揮するトラックレイアウトでは、RB14はずば抜けていたとホーナーは語る。

「2018年の我々のマシンが素晴らしかったことは明白だ」とホーナーはF1公式ウェブサイトで述べた。

「RB14は2018年のF1で最強のシャシーだった。2018年にあったパワー不足を考えると、我々が達成した4度の優勝は非常に素晴らしいことだ」

「2018年の始めに強力なマシンがあったわけだが、我々はそれを活用することができなかった。2018年は信頼性が我々のアキレス腱だったのだ」

「エンジントラブルが多すぎたし、いくつか我々自身の問題もあり、苛立ちを覚えることもあった。しかしシーズンを通じてマシンを最適化することができていた」

「我々はライバルたちに比べて、タイヤをずっと効率的に使えていた。さまざまな要因の組み合わせによってね」
 信頼性の問題によって2018年のレッドブルには不調な時期もあったが、ホーナーはチームの2018年の最も重要な功績を満足気に振り返った。

「多くの面で悲喜こもごものシーズンだったと思う」とホーナーは付け加えた。

「勝利は非常に素晴らしかった。中国GP、モナコGP、そしてホームグランプリであるオーストリアGP、そしてもちろんメキシコGPでの優勝だ。それらのレースは間違いなくハイライトとなった」

「大抵の日曜日には、我々には非常に強力なマシンがあり、ドライバーたちはできるときには極めて強さのあるレースをしていた」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します