現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ピエール・ガスリー、中団グループを戦い抜くため、トロロッソには「一貫性」が必要と主張

ここから本文です
スポーツ 2019.1.4

ピエール・ガスリー、中団グループを戦い抜くため、トロロッソには「一貫性」が必要と主張

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年シーズンをトロロッソのドライバーとして戦い、2019年はレッドブルに昇格することになっているピエール・ガスリー。そのガスリーはトロロッソについて「もっと一貫性が必要」だと語った。

 トロロッソは、2018年シーズンの中盤にパッケージをアップグレードした。しかしこれが功を奏すことはなく、中団争いで遅れをとった。

    ■ケガとの戦い続けるシューマッハー、50歳の誕生日。メルセデスが貢献に感謝

 2019年シーズンからレッドブルに昇格するガスリーは、トロロッソには「もっと一貫性が必要だ」と語った。

「僕らは、ルノーと戦うことはできなかった。彼らは、ふたりのドライバーが得点を重ねたんだ」

 2018年シーズンに29ポイントを獲得したガスリーは、そう語った。ちなみに、チームメイトのブレンドン・ハートレーは、わずか4ポイントを獲得したのみでシーズンを終え、チームを離脱することになった。

「フォースインディアははもっと良かったはずだ。だから、僕らは妥当なポジションからはそれほど遠くはなかったと思う。中団争いは接戦だから、本当に小さなことで、より多くのことを成し遂げられるようになる」

「考え方は悪くないし、良い仕事ができたとも思う。ホンダが過去3年間、とても苦しいシーズンを過ごしてきたことを忘れてはいけない。2018年の僕らは、昨年(2017年)のマクラーレンよりも多くのポイントを獲得したのだから」

「それはパフォーマンスが良くなったということを意味している。それはしっかりと見ておくべきことだし、今後もそれを続けていくべきだ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します