現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2018年、ホンダF1の闘いを振り返る:一躍来季タイトル争いの候補に……名声を取り戻しつつあるホンダ

ここから本文です
スポーツ 2018.12.30

2018年、ホンダF1の闘いを振り返る:一躍来季タイトル争いの候補に……名声を取り戻しつつあるホンダ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1における時の流れは非常に速い。そしてF1における1年といえば、非常に長い時間であると言える。

 しかし12カ月前に、ホンダが2019年のタイトル争いの鍵を握ることになるかもしれないなどと想像した人は、どれほどの数いるだろうか?

    ■レッドブルの2019年カラーF1マシンが、3月に鈴鹿で走行決定! F1開幕前にその雄姿を目撃するチャンス到来

 2018年は、ホンダにとって極めて重要な1年だった。前年限りでマクラーレンとのパートナーシップが解消された後、パワーユニットを提供するチームがなければ、最悪の場合グランプリレースを離れる可能性すらあった。

 しかし新たなパートナーとしてトロロッソと提携し、その結果2019年からは”親チーム”であるレッドブルと組むことができた。マシン及びパワーユニットの出来次第では、タイトルを争える可能性も十分にある。

 2018年のホンダは、シーズン開幕直後に好成績を挙げた。第2戦バーレーンGPで、ピエール・ガスリーが4位入賞を果たしたのだ。これは、ホンダが2015年にF1に復帰して以来、最高の成績だった。マクラーレンとの3年で達成できなかった好成績を、わずか2レース目で達成してしまったのだ。

 結果という意味では、このバーレーンGPがピークだった。しかし、良いニュースは続いていくことになる。

 ホンダは6月に行われたカナダGPに、アップグレード版のパワーユニットを投入。これは大幅なパフォーマンス向上を果たし、ルノーと同等かそれ以上と言われるようになった。このアップグレードが、2019年からのパートナーシップ締結をレッドブルに決断させる、大きな一歩になったと言えよう。その後、ロシアGPでは2度目となるアップグレード版を投入。さらなる進化を果たした。

 その一方で、ホンダは今シーズン、多くのパワーユニットコンポーネントを投入。その結果、グリッド降格ペナルティを数多く受けることとなった。これは来季に向けたテストケースという側面もあったが、例えばアブダビGPの週末には、ガスリーが2度もパワーユニットのトラブルに見舞われるなど、その信頼性はまだ完璧ではない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します