現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1、グリッドペナルティに代わる罰則を検討。ファンにヒントを求める

ここから本文です
スポーツ 2018.12.29

F1、グリッドペナルティに代わる罰則を検討。ファンにヒントを求める

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F1は、『F1 Fan Voice』というサイトで定期的に調査を実施し、ファンからの意見を集めている。

 最新の調査では、「ファンが既存のグリッドペナルティシステムに満足していないことが調査で示されています。他の選択肢に対するファンの見解を理解したいのです」と述べ、グリッドペナルティに代わるシステムとして、ファンが何を望んでいるかの調査を行っている。

    ■ピエール・ガスリーが語るスーパーフォーミュラの魅力「ドライバーとして成長できる場所」

「どんな選択肢も、理解するのが簡単であるべきです。ドライバーにとっては一時的な障害であり、ドライバーが予選を走るのを奨励するようなものであり、財政的に影響のないものである必要があります」

 代替手段のリストの中には、ドライバーのプラクティスでの走行を制限すること、予選パフォーマンスに制限を設けることなどの選択肢も含まれている。

 ドライバーのフリー走行を制限する案については、その週末にドライバーが利用できるタイヤのセット数を減らすか走行時間を減らすことで、完璧なセットアップを見つけるチャンスが減り、レースに向けた準備に影響が及ぶだろう。

 予選パフォーマンスを制限する案では、バラストを追加搭載したり、燃料流量や電気エネルギーの使用量を減らす、DRSの使用を禁じるなどの手段でラップタイムを遅くし、結果的にグリッドを下げることを狙っている。

 そのほかの選択肢としては、チームに許されている風洞テストの時間を減らすこと、レース中にいつでも消化することが可能なストップ&ゴーペナルティをドライバーに与えるなどの案が提示されている。

 これまで、チームやファンは獲得ポイントにペナルティを与えることを検討すべきだと示唆してきたが、この調査では「F1ではどんな違反でもポイントが差し引かれることはないことに注意してください」と記されている。

 フリー走行および、予選に影響を与えるペナルティについては、それを消化できるタイミングより後にペナルティが生じた場合、次のイベントに適用が持ち越されることになるだろう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Glenn Freeman)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • fd3*****|2018/12/29 19:42

    違反報告

    ドライバーの責任じゃないものはドライバーにペナルティーを与えなければいい。たとえはPU交換なんかドライバーじゃなくコンストラクターポイントにマイナスさせるとかで。PU交換のグリッドペナルティーがなくなれば少なくともつまらん無気力予選はなくなる。
  • xtm*****|2018/12/29 21:52

    違反報告

    案①予選Q1はユーズドタイヤだけのタイムアタックのみとする。
    案②予選Q1はベストラップから2番目のタイムを採用する。(予選終盤にタイムアップする傾向があるので)
    案③予選Q1は燃料をペナルティのないドライバーより多く(決勝スタートと同量)を搭載する(ニュータイヤ使用可能・ベストラップは通常通り)
    案④決勝スタートはそのグランプリで1番デグラデーションの大きいユーズドタイヤでスタートする。
  • hap*****|2018/12/30 07:15

    違反報告

    puの規制でグリッド降格はやめるべきです。
    チームに罰金等、他の方法を考えて下さい。
    ドライバーも納得いかない。
    見る方も納得いかない。


(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します