現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリと並ぶ大記録、ダブルタイトル5連覇を”謙虚に”喜ぶメルセデス

ここから本文です
スポーツ 2018.12.29

フェラーリと並ぶ大記録、ダブルタイトル5連覇を”謙虚に”喜ぶメルセデス

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2014年にV6ターボエンジン+ハイブリッドシステムのいわゆる”パワーユニット”レギュレーションが導入されて以来、圧倒的な強さを誇ってきたメルセデス。2018年シーズンもルイス・ハミルトンがドライバーズタイトル、チームもコンストラクターズタイトル獲得を果たし、ダブルタイトル5連覇を果たすこととなった。

 このダブルタイトル5連覇という記録は、2000年から2004年のフェラーリ+ミハエル・シューマッハーに続く、F1の歴史における2例目ということになる。

    ■ニッポンのファンが選ぶ”美しい”F1マシンベスト10

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、このダブルタイトル5連覇という記録を、現FIA会長であり当時フェラーリのチーム代表であったジャン・トッドから電話で祝福を受けたという。

「彼は電話をかけてきて、『”クラブ・オブ・5”への入会おめでとう。あなたと共に”クラブ・オブ・5”の一員でいられるということについて、とても光栄に思うよ』と言ってくれたんだ。そして私は非常に名誉な気持ちになった」

 ウルフ代表はそうmotorsport.comに対して語った。

「彼が言ってくれたことは、信じられないようなことだった。でも、彼はその後再び電話をかけてきて、こう言ったんだ。『実は、我々は6連覇したんだ』とね」

 確かにフェラーリのダブルタイトル獲得は、前述の通り2000年から2004年までの5連覇だ。しかし1999年にはコンストラクターズタイトルのみ、フェラーリが獲得していた(同年のドライバーズチャンピオンは、マクラーレンのミカ・ハッキネンだった)。

 とはいえウルフ代表は、フェラーリの持つ偉大な記録に並んだのは、素晴らしいことだと感じていると語る。

「今年ダブルタイトルを5連覇できたことに、とてもホッとしている。トッドとシューマッハーがいた、偉大な時代のフェラーリと並ぶことができたのだから」

 そうウルフ代表は語る。

「信じられないことだ。その記録に並べたことについては謙虚に感じているし、そのことに感謝している」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します