現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 『モースポフェス2019 SUZUKA』でレッドブルF1のデモラン決定。2019年仕様のカラーリングを披露

ここから本文です
スポーツ 2018.12.28

『モースポフェス2019 SUZUKA』でレッドブルF1のデモラン決定。2019年仕様のカラーリングを披露

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年3月2日(土)、3日(日)に鈴鹿サーキットで開催される『モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~』において、アストンマーチン・レッドブル・レーシングのF1マシンのデモランが行われることが決定した。

 『モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~』は、トヨタ自動車株式会社、本田技研工業株式会社、株式会社モビリティランドの3社による共催イベント。メーカー間の垣根を超えて、様々なモータースポーツの魅力を伝え、クルマの楽しさを知ってもらうことを目的に初めて開催される。

    2019年3月の『モースポフェス2019』で2018年ル・マン制したTS050ハイブリッドとCBR1000RRが初共演

 今回走るレッドブルのF1マシンは、クルマ自体は過去のF1参戦マシンだが、カラーリングは2019年モデルのものとなる。10月の日本GPを前に、ホンダのパワーユニットを搭載して2019年シーズンを戦うマシンのカラーリングを一足早く直接見ることができるチャンスだ。

 このイベントでは、2018年のル・マン24時間レースを制したTOYOTA GAZOO Racingのマシン『TS050ハイブリッド』や、TSRホンダ・フランスのホンダCBR1000RRの走行が決定しており、ル・マンを制した2台が共演する。

 さらに2018年のWRC(世界ラリー選手権)でマニュファクチャラーズタイトルを獲得したTOYOTA GAZOO Racingのトヨタ・ヤリスWRC、2017年のインディ500で優勝を飾った佐藤琢磨のマシンが走行することも決まっている。

 『モースポフェス2019 SUZUKA』では、鈴鹿サーキットの公式ホームページに掲載されている招待券を提示すれば入場が無料となる。また2019年1月6日(日)より公式オンラインショップにて、豪華特典のついたVIPスイート・プレミアムを始めとする「プレミアムエリアチケット」が発売となる。詳細は、鈴鹿サーキットの公式ホームページを確認していただきたい。

【開催概要】
開催日程:2019年3月2日(土)・3日(日)
開催場所:鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)
共催:トヨタ自動車株式会社(TOYOTA GAZOO Racing)、本田技研工業株式会社、株式会社モビリティランド 鈴鹿サーキット
入場料金:公式ウェブサイトに掲載の招待券持参で無料
※通常料金:【ゆうえんち入園料】大人(中学生以上)1,700円、子ども(小学生)800円、幼児(3歳~未就学児)600円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します