現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「ルノーF1は妥当なコストで優勝できる立場にいなければならない」とアビテブール

ここから本文です
スポーツ 2018.12.28

「ルノーF1は妥当なコストで優勝できる立場にいなければならない」とアビテブール

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルノーF1のマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、F1における現状の支出レベルは持続不可能だとし、ルノーがF1に専念し続けるために将来の支出は削減されなければならないと主張している。

 F1の商業権保有者であるリバティ・メディアは、現在もバジェットキャップ制度とより公平な各チームへの分配金配当システムを考案中であり、2021年には新たな協定が技術レギュレーションの刷新とともに導入される予定だ。

    2019年F1新車発表&プレシーズンテストまとめ

 グランプリレースにおける難攻不落のトップ3チームであるメルセデス、フェラーリ、レッドブルは、何年にもわたりライバルよりも多額の資金を投入し、F1における支配的立場を強化してきている。

 したがって現在のコンコルド協定に代わることになる将来の商業パッケージでは、コストを制限することで、F1により公平な状況を実現するといった考えが中核となっている。

「状況を嘆くようなことはしたくない。なぜならF1に参入した際に、この状況については把握していたからだ」とアビテブールはRacerに語った。

「特に注目すべき点は激しい競争と、勝つための絶え間のない支出だ。私はこれについては十分に尊重するし、今年はそのおかげで素晴らしいレースシーズンとなった。だからどこかの時点で我々は、どのようにして競うかを考える必要がある」
「いずれかの時点で別の分配金配当の協定が導入される。いずれかの時点で支出制限がなされなければならない。なぜなら我々の意見では、今の状況は持続不可能だからだ。それと、もし間違っていたら指摘してほしいのだが、これは誰もが共有している考えだと思うからだ」

 チーム間でコスト削減について同意に至るには、すべての関係者の多大な努力が必要とされており、今もまさに交渉が続いているところだ。

 2021年がバジェットキャップ制度導入の事実上の目標とされているなか、アビテブールはいつ制度が導入されるべきかよりも、制度の条件の方により重きを置いている。

「これはタイミングの問題だ。計画が1年遅れると導入が1年遅れる。だが重要なのは、F1の価値を考えると、我々は妥当なコストでレースに勝てる立場にいなければならないという原則だ」

「それが我々が求める均衡化だ。この先の数カ月で、現実に戻ることになる」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します