現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ランキング最下位……ウイリアムズ最悪のシーズン「3倍の予算があっても、戦闘力向上は不可能だった」

ここから本文です
スポーツ 2018.12.27

ランキング最下位……ウイリアムズ最悪のシーズン「3倍の予算があっても、戦闘力向上は不可能だった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイリアムズのチーム副代表であるクレア・ウイリアムズは、2018年のFW41には大きな欠陥があり、予算を3倍にしても改善するのは難しかったと考えている。

 ウイリアムズの2018年シーズンは、チーム史上最悪とも言える結果だった。入賞は3回(2レース)。合計獲得ポイントは7に留まり、コンストラクターズランキングは最下位だった。

    野生ジャガーの保護に勤む元イギリスF3王者。マリオ・ハバーフェルドを知っているか?

「問題は、マシン全体に関連していたと思います」

 ウイリアムズ副代表はそうmotorsport.comに語る。

「そのため、マシンにパフォーマンスをもたらすことを試したり、変更を加えることは、いつも困難を伴うという状況でした」

「我々は努力しました。一生懸命努力したんです。懸命な仕事やエネルギー、モチベーションが欠如していたわけではありません。修正するには、問題が根本的すぎただけだったと思います」

「予算の大小に関わらず、我々には不可能だったかもしれません。予算が3倍あったとしても、方向性を変えることができたとは確信できません」

 ウイリアムズは、問題の原因をチーム内部で調査することにより、2019年シーズンに利益を及ぼすことができると楽観視している。しかしその一方で、現実的な目標を持つことが必要だと考えている。

「我々は、加えた変化によって達成できることを、意識しなければいけないと思います」

 そうウイリアムズは語った。

「変化は、常に良いことだと思います。それは、バランスをリセットします。しかし大きな違いを生むためには、しばらくの間努力の仕方を変えなければいけません」

「繰り返し申し上げたように、チームの組織内で問題が発生することはなければ、ランキング5位から10位に下がらないと思います。これら全ての問題を解決するためには、まだ時間がかかると思います」

「我々のチームには、650人のスタッフがいます。しかし、我々が抱えている問題を解決するためには、リソースが限られていると思います。全てのことに一気に取り組むことはできません」

「2019年に達成できることについては、リソースに基づいて、その期待を加減しなければいけないと思います」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します