現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ”ル・マン24時間”を制したホンダのCBR1000RRとトヨタのTS050が豪華共演。鈴鹿のモースポフェス2019で実現

ここから本文です
スポーツ 2018.12.25

”ル・マン24時間”を制したホンダのCBR1000RRとトヨタのTS050が豪華共演。鈴鹿のモースポフェス2019で実現

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年3月2日(土)・3日(日)に鈴鹿サーキットで開催される『モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~』で、2018年にフランスの「ル・マン24時間レース」で優勝したトヨタのTS050 HYBRIDと、F.C.C. TSR Honda France CBR1000RRのデモンストレーションランが決定した。

 モースポフェスは、トヨタ自動車株式会社と本田技研工業株式会社、株式会社モビリティランド 鈴鹿サーキットの3社共催イベント。メーカーの垣根を超えて様々なモータースポーツの魅力を伝えるとともに、クルマを運転する楽しさやクルマへの憧れ・夢を育むイベントとして2019年からスタートする。

    ■ヤリスWRCと佐藤琢磨のインディ500制覇マシン、メーカーの垣根超えた競演。『モースポフェス』で鈴鹿初走行

 すでに、2018年のWRCマニュファクチャラーズチャンピオンに輝いたTOYOTA GAZOO RacingのヤリスWRCと佐藤琢磨のドライブで2017年のインディ500を制したインディカーマシンの鈴鹿初走行が発表されている。

 今回新たに発表されたのは、2018年のル・マン24時間レースを制した2輪・4輪マシンの共演。2018年は耐久レースの最高峰とされるこのレースで、4輪ではTOYOTA GAZOO Racingの8号車が、2輪ではF.C.C. TSR Honda Franceが優勝を飾っている。

 走行日時・場所・ドライバー・ライダーなど詳細は未定だが、WRCとインディカーの共演同様、モースポフェスでしか実現が難しいであろう、超豪華イベントだ。またTS050にとっては、これが鈴鹿での初走行となる。

 日本モータースポーツ史上最大のキックオフイベントとなることが目指されているモースポフェス2019は、公式ウェブサイトに掲載の招待券持参で入場は無料となる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します