現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC:トヨタを含む4チームが2019年マニュファクチャラー申請完了。Mスポーツはフォードと関係継続

ここから本文です
スポーツ 2018.12.25

WRC:トヨタを含む4チームが2019年マニュファクチャラー申請完了。Mスポーツはフォードと関係継続

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年シーズンのWRC世界ラリー選手権へのマニュファクチャラー登録が12月21日に締め切られ、2018年と同様の4チームが最上位クラスにエントリーした。

 新シーズン開幕まで1カ月を切ったWRC。シリーズ最上位クラスを戦うマニュファクチャラーは2018年のマニュファクチャラーズチャンピオンであるトヨタをはじめ、シトロエン、ヒュンダイ、Mスポーツの4チームとなる。

    WRC:シトロエン、2019年はブランド100周年記念カラーで参戦。エントリー名称も変更

 このうち、シトロエンについてはメインスポンサーだったアブダビ・レーシングが2019年はチームへの支援を行わないため、エントリー名称が『シトロエン・トタルWRT(ワールド・ラリー・チーム)』となっている。

 王者セバスチャン・オジエの離脱などからスポンサー探しなどに奔走しているとされたMスポーツは、引き続きフォードからの支援を受ける形となり、2018年と同じく『Mスポーツ・フォード・ワールド・ラリー・チーム』として登録された。

 このMスポーツは12月22日に2019年の参戦体制も発表。エルフィン・エバンスとテーム・スニネンの2名を軸としてシーズンを戦うほか、第1戦モンテカルロ、第2戦スウェーデンでは、これまでシュコダでWRC2を戦ってきたポンタス・ティデマンドに3台目のフォード・フィエスタWRCを託す計画を明かしている。

 そのほか体制面では、長年チームを引っ張り、王者オジエ獲得のきっかけにもなっていたマルコム・ウィルソンがチーム代表を離れることが発表された。今後、代表職はリチャード・ミルナーが務め、ウィルソンはマネージング・ディレクターとしてMスポーツの商業面/PR面に注力する。

 代表を退いたウィルソンは「セバスチャン・オジエとジュリアン・イングラシアがドライバーズタイトル、コドライバーズタイトルを獲得して以降、まるでジェットコースターのような日々を過ごしてきた」とコメントを発表している。

「シーズン終了後は、2019年のシリーズ参戦に向けたパズルを完成させるべく、昼夜を問わず仕事を進めてきた。この発表をしている時点でも、舞台裏では多くの作業が進んでいて、すべての準備が万全というわけでもない」

「その成果を披露するためにも、我々がシリーズにコミットしていくことを証明しなくてはならなかった。いまもヨーロッパと北米のパートナーたちと協力して、詳細を詰めている」

「フォードとは、引き続き財政面、テクニカル面でコラボレーションを続けていくことになり、これは大きな後押しになっている。そしてフォードとは継続してラリーにおける“ステップアップの筋道”を整えていくことになる」

「足りないパズルを補うために、WRCコミュニティには頼りきりになってしまったが、我々には好成績を収めるだけの実力があると確信している。だからこそ、これまで以上に活動を推し進めていくことを決めたんだ」

 なお、Mスポーツは下位クラスにあたるWRC2内で2019年からスタートするR5規定車/製造メーカーによる選手権『WRC2プロ選手権』にも『Mスポーツ・フォード・ワールド・ラリー・チーム』としてマニュファクチャラー登録を完了。同選手権には『シトロエン・トタル』も名乗りを挙げている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します