現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「シャシーは我々が最強だったのだ。しかし……」パワー&信頼性不足を嘆くレッドブル代表

ここから本文です
スポーツ 2018.12.23

「シャシーは我々が最強だったのだ。しかし……」パワー&信頼性不足を嘆くレッドブル代表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、2018年には最高のシャシーを持っていたと確信しており、それはパワー重視されないコースで証明されたと語る。

 レッドブルは2018年シーズン4勝を挙げ、さらに2014年に現行の”パワーユニット”時代が始まって以来、初めてモナコ以外でのポールポジションも獲得した。

    ■F1マシン解説【トロロッソ・ホンダSTR13】:ホンダとの1年目はランク9位。トロロッソSTR13開発の歩み

「RB14はとても強いクルマだと思う」

 ホーナーは2018年のマシンについて、そうmotorsport.comに対して語った。

「シャシーは間違いなく、今シーズン最強だったと思う」

「上位3チームのパワーが同じだったとしたら、RB14が優れたレースカーであったことが分かると思う」

「パワーユニットが決定的な要因や支配的な要因になっていない時を見て欲しい。MGU-Kにトラブルを抱えていても、モナコでは勝つことができた。シンガポールでも2位になったし、標高が重要な要素となったメキシコでは、我々は再び勝った。それらのレースは、我々が特に強かったレースだ」

「ライバルたちと同じトップスピードを発揮するために、ダウンフォースレベルを低くする傾向にある。そのためにウイングを小さくしようとすると、マシンのハンドリングには妥協を強いられる」

「でも、フルスペックで走らせられるようになると、モナコでは本来ならフロントロウを独占するべきだった。メキシコでできたようにね」

 ホーナー曰く、2018年のチームにとっての最大のフラストレーションは信頼性の低さであったと語る。事実、ダニエル・リカルドは21回スタートしたうち8回のリタイアを喫している。

「かなりほろ苦いシーズンだったと思う」

 ホーナー代表はそう付け加えた。

「勝利を手にできたのは極めて良かった。中国、モナコ、ホームグランプリのオーストリアでも勝った。そしてもちろん、メキシコもね。それらは今年のハイライトだった」

「悪かった点は、完走できなかった時の多さ、我々が耐えなければならなかったトラブルの多さだと思う。そしてパワーの完全なる不足にも立ち向かわなければいけなかった。それが苦い部分だ」

「一般的に、我々は日曜日には強いマシンを持っていた。そしてドライバーたちは、走り切れた時にはとても強いレースをしてくれた」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Adam Cooper)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します