現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ザウバーF1代表、2019年はコンストラクターズ選手権で8位よりも上を目指すと明言

ここから本文です
スポーツ 2018.12.23

ザウバーF1代表、2019年はコンストラクターズ選手権で8位よりも上を目指すと明言

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ザウバーF1チーム代表のフレデリック・バスールは、2019年に向けてチームのスタッフを増員しており、ヒンウィルの拠点にさらにエンジニアを追加すると述べた。

 切迫した財政状況と振るわない結果に苦しめられ、消滅間近にも見えた2017年夏以来、ザウバーは大きな進展を遂げてきた。

    F1初年度はベテランのライコネンが「僕の進歩を助けてくれるだろう」とジョビナッツィ

 幸運にも新たなオーナーを獲得したことで資金が注入され、またフェラーリとの提携強化やアルファロメオからの商業的支援も相まって、ザウバーは2018年には競争力を取り戻して48ポイントを獲得している。そのうち39ポイントは才能に恵まれたシャルル・ルクレールによってもたらされ、コンストラクターズ選手権ではトロロッソとウイリアムズを上回る8位につけた。

 しかしながらバスールは、2019年にはチームをさらに上位につけたいと考えている。

「世界選手権8位という順位から抜け出したいし、そうする必要がある。そのためにはより多くのポイントが必要だ」とバスールはスイスのウェブサイトBlickで語った。

「今年、我々はクラッシュやミスのせいでシーズンの3分の2は眠っていたようなものだ。最初の3分の2は9位だったが、最後の3分の1では5位に跳ね上がった。チーム全体が素晴らしく活躍してくれたおかげだ」

 ザウバーの向上は2019年も続く。スタッフを増強し、フェラーリ傘下ドライバーのアントニオ・ジョビナッツィの傍らには、チームメイトとしてキミ・ライコネンが加わる。
「我々のところには320人のスタッフがいたが、今では430人だ。エンジニアだけで50人を新たに雇い入れ、2019年に向けてはまだ35人分の枠がある」とバスールは付け加えた。

「アルファロメオの名前のおかげで人が集めやすい。我々は非常に人気のある応募先となっているのだ」

 バスールは2019年と2020年における、チーム内のライコネンの存在の重要さを強調した。

「キミがいることは素晴らしい幸運だ。我々は理解し合い、争うようなことはない。我々は、はっきりと意見が合っている」とバスールは付け加えた。

「キミはますます頻繁にファクトリーに来るようになり、我々を手助けしてくれる。そしてアントニオは今年フェラーリから多くを学んだ。彼はシミュレーターで75,000キロを走行したそうだ」

 ザウバーは2019年型マシンであるC38を2月中旬に発表すると見られている。

「発表はバルセロナテストのすぐ前になるだろう。我々全員が楽しみにしているし、やる気に満ちている」とバスールは締めくくった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します