現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1代表、2019年のチーム体制に言及。リカルド離脱についての心情も吐露

ここから本文です
スポーツ 2018.12.21

レッドブルF1代表、2019年のチーム体制に言及。リカルド離脱についての心情も吐露

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マックス・フェルスタッペンは、2019年シーズンに向けて事実上のチームリーダーとして、レッドブルF1での注目を一身に受けていると、チーム代表のクリスチャン・ホーナーは語っている。

 ダニエル・リカルドがレッドブルを離れ、ルノーとの新たな挑戦に乗り出すことを決断したことで、22歳のピエール・ガスリーはトロロッソからシニアチームであるレッドブルへと昇格することになった。

    フェルスタッペン、2019年のドライバー選びに関し、チームに意思表示と認める

 ガスリーはフェルスタッペンよりも年上だが、5度のグランプリ優勝経験を持つフェルスタッペンは、自身に備わった豊富な経験とともに2019年のチームを牽引していくことになるだろう。フェルスタッペンには常に、その役割を担う可能性があった。

「マックスは今では豊富な経験を持つ。だからチームは、彼により目を向けていくことになる」とホーナーはオランダのメディアであるFormule 1に語った。

「もちろんピエールも成長し、マックスを手こずらせる可能性がある。彼らが互いを高め合い、ベストを引き出し合うことを願っている。マックスとダニエルがそうだったようにね」

 リカルドが将来に向けて、ルノー移籍の決断を明らかにしてから5カ月が経つ。しかしホーナーは彼の選択について、いまだに混乱していることを認めている。

「今もまだ驚いている。だが彼が新しい何かを求めていることは尊重する」とホーナーは語り、彼とレッドブルの創設者ディートリッヒ・マテシッツが、残留するよう説得するために最大限の努力を払ったことを明らかにした。

「だが彼は、その時点ですでに決断していたのだと思う。今でも彼が同じ選択をするかどうかは分からない。だが彼は自分で選択をした。我々はピエールがいることに大変満足している」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

TOKYO AUTOSALON 2019

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します