現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > DTM:アウディが2019年体制を発表。デュバルなど不動の布陣で『クラス1』初年度に挑む

ここから本文です
スポーツ 2018.12.21

DTM:アウディが2019年体制を発表。デュバルなど不動の布陣で『クラス1』初年度に挑む

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年のDTMドイツツーリングカー選手権に参戦するアウディスポーツが、2019年の参戦体制を発表した。ロイック・デュバルやロビン・フラインスなど計6名のドライバーを3チームからエントリーさせる。

 スーパーGTとの共通規則『クラス1規定』の採用やメルセデスの活動終了、プライベーターとしてのアストンマーチン参戦など、2019年のDTMは新時代に突入する。

    DTM:ブノワ・トレルイエも参加。3メーカーが揃う“最後の”ルーキーテスト実施

 アウディモータースポーツのディーター・ガス代表も「多くの技術革新がもたらされる」とする2019年シーズンに向け、アウディはDTMでの経験が豊富な6名を継続起用して臨む。

 2018年シーズンから起用ドライバー、参戦チームに変更はなく、アウディスポーツ・チーム・アプト・スポーツラインからはフラインスとニコ・ミューラー、アウディスポーツ・チーム・フェニックスからはデュバルとマイク・ロッケンフェラー、アウディスポーツ・チーム・ロズベルグからはジェイミー・グリーンが参戦する。

「2018年に起用したロイック、ロビン、ジェイミー、ニコ、レネ、そしてマイクはすでに強力な布陣であり、この体制を2019年シーズンでも継続する」とガス代表。

「個人的にはアウディスポーツにとって、最強の6人だと思っているよ。全員がDTMチャンピオンになるだけの実力を持っているし、2018年シーズンはチームプレイヤーとしての側面も発揮してくれた」

「これまで、我々はたびたびドライバーや参戦チームをシャッフルしてきたが、今の体制はドライバー同士が互いを補い合う関係になっている。この関係性をこれ以上に高める手立てはないと考えたんだ」

 なお、アウディのカスタマーチームとして2台の新型アウディRS5 DTMを走らせるWRTのドライバーについては明かされず、後日改めてアナウンスするとされた。

『クラス1規定』にあわせた2リッター4気筒ターボエンジンや新型マシンで争われる2019年のDTMは2019年5月3~5日にドイツのホッケンハイムで開幕戦を迎える。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します