現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > チームメイト相手に全勝したアロンソ「WECやインディカーに乗ったことで、F1ドライバーとして向上することができた」

ここから本文です
スポーツ 2018.12.20

チームメイト相手に全勝したアロンソ「WECやインディカーに乗ったことで、F1ドライバーとして向上することができた」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェルナンド・アロンソは、2018年にはF1以外のマシンに乗る機会を得たことで、ドライバーとしてさらに向上することができたと語った。

 2018年F1のすべての予選でチームメイトに勝ったのはアロンソひとりで、21戦にわたり、彼はストフェル・バンドーンより速いタイムをマークした。アロンソは2008年のルノー時代にも、ネルソン・ピケJr.を相手に同様の記録を打ち立てており、18戦全戦で予選上位を獲得している。

    スペインにF1を知らしめた王者フェルナンド・アロンソ。18年の軌跡を振り返る【今宮純のF1コラム】

 アロンソは、F1以外でのモータースポーツ活動を行ったことがプラスに働き、より完成度の高い走りができるようになったと考えている。

「今年は、インディカーでテストをしたり、WECの活動があった。それによってドライバーとして成長したと感じる。より完成したドライバーになったという感じかな」とアロンソ。

「いろいろなフィロソフィーのコンセプトに触れることが、ドライバーにとっては助けになるんだ」

「マシンの挙動、ドライビングテクニック、エネルギーのセーブの仕方、タイヤの温存の仕方といったことに対して理解を深めた」

「いつもとは違うエンジニアや、他の視点から情報を得ることで、自分を向上させることができる。モータースポーツをより広い視野から見ることができるようになる」

「必ずしもF1カーで役立たないようなことでも、(他のカテゴリーから戻ってきて再び)F1カーに乗るときに、他の見方があることを知ることができる」

「実際にマシンに乗っているときには、スピードを把握することが難しい。データで見るしかないが、今年は予選での(チームメイトとの)対戦という意味では、僕にとって今まででベストな年だった」

「自分には競争力も速さもあると感じている」

 アロンソは2019年にはF1活動を行わないという決断を下した。ひとまずF1での最後の年となる2018年は、マクラーレンMCL33のパフォーマンスが振るわず、自己ベストが決勝では5位、予選では7番手にとどまった。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します