現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダ、CB1100シリーズの2019年モデルを発表。CB1100とCB1100RSは一部仕様が変更に

ここから本文です
スポーツ 2018.12.20

ホンダ、CB1100シリーズの2019年モデルを発表。CB1100とCB1100RSは一部仕様が変更に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホンダは20日、大型ロードスポーツモデル『CB1100』シリーズの熟成を図るとともにカラーリングを変更し、2019年1月からHonda Dreamで発売することを発表した。

 力強く扱いやすい出力特性の1140cc空冷DOHC直列4気筒エンジンを搭載する大型ロードスポーツモデル『CB1100』シリーズ。スタンダードモデルの『CB1100』、CBの伝統を受け継ぐクラシックモデルの『CB1100EX』、スポーティな走りに特化した『CB1100RS』の3モデルが展開されている。

    タイ生まれの二輪ブランド『GPX』が日本市場に殴り込み。リーズナブルな3車種が2019年国内登場

 そんな『CB1100』シリーズの2019年モデルが発表。新モデルはカラーリング変更がメインとなるが、『CB1100』と『CB1100RS』は一部仕様が変更された。

『CB1100』は、SHOWA(ショーワ)製SDBV(ショーワ・デュアル・ベンディング・バルブ)フロントフォークの採用に加え、燃料タンクの容量が14リットルから17リットルに変更された。カラーリングは、ダークネスブラックメタリックの1色となる。

『CB1100EX』は、エンジン全体をシルバー1色に統一。前・後フェンダーとサイドカバーを車体色と同色に変更された。カラーリングは、キャンディークロモスフィアレッドとパールホークスアイブルーの2色が設定される。

『CB1100RS』は、リアに減衰力の調整機能付きサスペンションが新たに採用された。カラーリングはダークネスブラックメタリック、マットベータシルバーメタリック、パールホークスアイブルーの3色が展開される。

 なお、全モデル共通でグリップヒーター、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)、ETC車載器を標準装備。ETC車載器は2.0にバージョンアップされた。

 発売日は、『CB1100EX』と『CB1100RS』が2019年1月11日から、『CB1100』は2019年1月28日からHonda Dreamで発売。価格は『CB1100』が123万1,200円(税込)、『CB1100EX』が133万8,120円(税込)、『CB1100RS』が137万8,080円(税込)となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します