現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 『ボルボV40&クロスカントリー』にシートヒーターなど充実装備の限定車2種登場

ここから本文です
スポーツ 2018.12.20

『ボルボV40&クロスカントリー』にシートヒーターなど充実装備の限定車2種登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボルボのボトムラインを担うCセグメントモデル、『V40』と『V40クロスカントリー』に、スウェーデン語で「ありがとう」の意味を持つベーシックモデル“Tack Edition”と、モデル末期に設定されるおなじみの装備充実グレード“Classic Edition”の2種類の特別仕様車が登場。12月18日より発売開始となっている。

 激戦区となるCセグ・ハッチバックモデルの中でも高い実力を持ち、モデル末期となった現在も根強い支持を集めるV40シリーズ。今回の特別仕様車にはそれぞれ1.5リッターの直列4気筒直噴ターボ(152PS/250Nm)を搭載するT3をベースモデルにチョイス。

    無限から新型『インサイト』、『シビックHB』向けの上質なカスタムパーツ類が登場

 一方、専用サブフレームやサスペンションアームを用いて、標準ベースモデルよりも30mm高められた車高を最大の特徴とし、前後やサイドシル部にアンダーガードを思わせる専用エクステリアパーツを採用した『V40クロスカントリー』は、さらにハイパワーな2リッター4気筒直噴ターボ(245PS/350Nm)のT5エンジン搭載車が選択されている。

 その『V40 T3 Kinetic』『V40 Cross Country T5 AWD Momentum』をベースとしたTack Editionは、半径100m以内でインフォメーションボタンを押すと、車内のセキュリティ状態を確認することができるPCC(パーソナル・カー・コミュニケーター)機能を持つキーレスドライブを筆頭に、前席シートヒーターなどを採用。

 さらにV40にのみ、T-Tecのテキスタイル・コンビネーションシート、HDDナビゲ―ションシステムとVICS3、インテリア・ムーブメント・センサー付のボルボ・ガードシステムやグローブボックス・ロックシリンダー、シルクメタルやミルド・アルミニウムの加飾パネルなど、多くの追加装備が採用されている。

 一方のClassic Editionは、『V40 T3 Inscription』『V40 Cross Country T5 AWD Summum』をベースに、パノラマ・ガラスルーフ、リア・シートヒーターを装備。両特別仕様車ともに全6色のカラーコンビネーションが設定されている。

 V40のT3は6速、T5のクロスカントリーは8速のATが組み合わされ、価格はTack Editionが368万~434万円。Classic Editionが428万~469万円となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zoo*****|2018/12/20 14:35

    違反報告

    最終熟成グレードのクラシックが登場したと言うことは、そろそろ次期V40の噂が立ち始めてもいい頃。
    日本で一番人気のモデルだけに、どんなデザインやパワートレイン、安全装備を備えているか気になりますね。
  • tur*****|2018/12/31 00:33

    違反報告

    今のV40は単なる最終型というだけでなく、ボルボにとって最後のフォード時代のモデルでもある。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します