現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ロンドンでのF1開催に光明。ロンドン市長「開催は可能なはず」と自治体も前向き

ここから本文です
スポーツ 2018.12.20

ロンドンでのF1開催に光明。ロンドン市長「開催は可能なはず」と自治体も前向き

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロンドンでのグランプリ開催は、F1オーナーのリバティ・メディアが熱望しているものの、ここ数年は実現不可能だと思われてきた。しかしロンドン市長のサディク・カーンが前向きなコメントをしたことにより、ロンドンGP開催の見通しに光明が見えてきたようだ。

 現在イギリスでF1を開催しているシルバーストンは、長期間に渡る開催契約を途中破棄。その後、契約を更新することができていない。

    ■ルノーPU、大幅パワーアップに成功? ”復活”に向け期待を寄せるマクラーレン

 今週、シルバーストンを所有する英国レーシングドライバーズクラブ(BRDC)がF1側にオファーを提示したと報道されたものの、BRDCはこれを否定している。

 しかしながら、リバティ・メディアは英国での開催を維持したいと明言しており、ロンドンでレースをするという選択肢を検討している。

 大都市であるロンドンでのグランプリ開催は、ロジスティック面で多くの課題があるが、ロンドン市長のカーンは開催が現実的なものだと考えているようだ。

 市長執務室の広報担当は、次のように述べた。

「ロンドンは、UEFAユーロ2020の決勝やNFL、クリケットのワールドカップからメジャーリーグなどなど、世界で最大かつ最高のスポーツイベントをを開催することに、常にオープンでいます」

「市長は、将来的にロンドンでレースを行うことは可能なはずだと信じています。そして、F1を開催する選択肢を探すことを要請しました」

 F1はストリートコースでの開催を増やそうとしているようで、2020年にはベトナムのハノイでレースが行われる予定だ。

 F1スポーティングディレクターのロス・ブラウンは、ロンドンの新聞によるインタビューに応え、都市周辺部でのレース開催が最善の選択肢だと語った。

「F1は1週間におよぶイベントなので、ロンドン中心部で起きる混乱は受け入れられないだろう」

「しかし、グレーター・ロンドンの中心部ではなく、周辺部でなら可能性があると思う」

「ロンドンがシルバーストンの代わりになるのではなく、シルバーストンを補完することになるのではないかと思う。ふたつを両立させる方法を見出すことができるはずだ」

 ロンドンでは、フォーミュラEがシーズン1とシーズン2にレースを開催したが、バタシー・パーク内に作られたサーキットを走ったのみだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Scott Mitchell)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します