現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 日本人WRCドライバー誕生へ一歩前進。勝田貴元、ヤリスWRCでフィンランドラリー選手権2イベントに参戦

ここから本文です
スポーツ 2018.12.19

日本人WRCドライバー誕生へ一歩前進。勝田貴元、ヤリスWRCでフィンランドラリー選手権2イベントに参戦

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TOYOTA GAZOO Racingは、2019年の”TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラム”の活動概要を発表。勝田貴元がヤリスWRCを駆り、フィンランドラリー選手権に参戦することを明らかにした。

 ラリーで世界に挑戦する若手ドライバーを支援するプログラム”TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラム”の2019年活動概要が発表され、勝田貴元を育成ドライバーとして選出したことが明らかにされた。勝田はR5車両を駆って、FIA世界ラリー選手権WRC2クラスに参戦。2018年よりも多くのイベントに参戦し、経験の蓄積を図るという。また、ヤリスWRCでのフィンランドラリー選手権への参戦も予定しているという。

    ■WRC9回王者、セバスチャン・ローブのヒュンダイ入りが決定。2年契約が発表

 なお2019年シーズンに勝田のコ・ドライバーを務めるのは、ダニエル・バリットとなる。

「来季からは2016年にペアを組んだダニエル・バリットと再び組むことになりました。また共にラリーに挑むことを決めてくれたダニエルに、2年前と比べ自分がどう成長したかを見てもらうのが楽しみです」

 勝田はプレスリリースにそう語った。

「プログラムも強化され、これまで以上に厳しい世界が待っていますが、限界までやりきる覚悟と共に、さらに大きく成長できるという自信を持って臨みます。来季は将来への準備という意味も含め、より一戦一戦着実に、次に繋がるラリーを心がけます」

 またこのプログラムの監修を務めるトミ・マキネンも、次のようにコメントを寄せた。

「勝田はこの3年半で目覚ましい成長を遂げました。次のステップとして、来季はWRC2でこれまで以上に高いレベルで競争すると共に、ヤリスWRCでフィンランドラリー選手権に参戦しWRカーに慣れる機会も与えます」

 そうマキネンは語る。

「来季の目標は、WRCイベントの長い週末の間、うまくバランスを取り、より一貫性を持って走ること、プレッシャーとうまく向き合うこと、そして自信をつけることで、プロのWRCドライバーレベルにステップアップすることです」

「シーズンオフ明けのラリー・モンテカルロでは、まずは運転感覚を取り戻し、コ・ドライバーのバリットとのコンビネーションを再構築することが目標です。初戦はプレッシャーなく参戦させ、WRC2選手権争いへの参加は、昨年勝田が素晴らしい成績を上げたスウェーデンからを予定しています」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します