現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ミドルクラスSUVの『ポルシェ・マカン』がマイナーチェンジ。2019年夏に販売開始へ

ここから本文です
スポーツ 2018.12.19

ミドルクラスSUVの『ポルシェ・マカン』がマイナーチェンジ。2019年夏に販売開始へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミドルクラスSUVとして人気を博している『ポルシェ・マカン』がマイナーチェンジ。2019年夏からデリバリーが開始されることが発表された。

 2013年に登場したマカンは、2017年末時点での累計販売台数が31万8000台を越えている人気のミドルクラスSUV。日本では3.6リッターV6直噴ターボエンジン搭載のマカンターボが、スーパーGTのFRO(ファースト・レスキュー・オペレーション)車両として採用されている。

    ポルシェ・マカン。快適さと獰猛さを兼ね備えた5枚ドアのスポーツカー/市販車試乗レポート

 そんなマカンがマイナーチェンジ。エクステリアに小変更が加えられたほか、足回り及びエンジンの最適化が図られ、その走りに磨きがかかった。

 エクステリアにおける変更点は、LEDヘッドライトの標準化と、テールランプのデザイン変更。テールランプは、近年ポルシェが採用している左右繋がったデザインに変更されている。

 足回りはフロントサスペンションの一部にアルミを採用し、バネ下荷重を低減。乗り心地が改善された。これに合わせ、アンチロールバー、スプリング、ダンパーなどのセッティングが最適化され、よりシャープなハンドリングを実現した。

 タイヤはフロントが235/60R18、リヤが255/55R18の前後別サイズのタイヤを装着する。またオプションで19~21インチタイヤも選択可能だ。

 マカンに搭載される2リッター直列4気筒ターボエンジンは、燃焼室形状の見直しなど最適化が図られ、前モデルの237PSから252PSに出力アップを果たしている。

 先進安全装備も充実。ブレーキアシスト機能、歩行者検知機能が含まれたアダプティブクルーズコントロールを標準装備するほか、オプションとして渋滞時に停止と発信を自動的に繰り返すトラフィックジャムアシストを装備することもできる。

 メーカー希望小売価格は前モデルから据え置きの699万円(税込み)。日本国内でのデリバリーは2019年夏から開始される予定だ。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します