現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 新フェラーリドライバーのルクレール「当然、最初から優勝を目指す」

ここから本文です
スポーツ 2018.12.19

新フェラーリドライバーのルクレール「当然、最初から優勝を目指す」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャルル・ルクレールはフェラーリ加入1年目となる2019年シーズン中に初優勝を達成したいと考えている。

 ザウバーで2018年シーズンにF1デビューを飾った21歳のルクレールは、ここまでのベストリザルトはアゼルバイジャンGPでの6位だ。フェラーリに移籍する来年は優勝する力があるマシンに乗って戦うことができるため、それをうまく活用していくつもりだという。

    伝統のフェラーリF1にとって、21歳のシャルル・ルクレール抜擢は例外的

 先週イタリアで行われたAutosprint誌によるモータースポーツ授賞式Caschi d'Oroにおいて、2019年の目標について質問を受けたルクレールは、「フェラーリでレースをするんだからグランプリ何戦かで勝ちたいと思うのは当然だよ」と答えた。

 理想的には、自分の地元であるモナコと、フェラーリのホームレースのモンツァで達成したいというルクレールだが、「でも、フェラーリドライバーとしてイタリアでレースをするなんて想像すらできない」とも付け加えた。

■「新チームメイトのベッテルのそばで学習し成長したい」とルクレール
 来シーズンのルクレールがスポットライトを浴びるのは間違いない。ティフォシのお気に入りだったキミ・ライコネンに取って代わるにふさわしいドライバーであることを示すため、ルクレールはハードワークに取り組む必要があるだろう。

 それに加えて、現在のF1において最強ドライバーのひとりであるセバスチャン・ベッテルが新たなチームメイトとなるため、彼に対して自身の力を証明していかなければならないことも、ルクレール自身は承知している。

「プレッシャーがあるかって? そうは思わない」とルクレールは語る。「むしろ、サポートしてもらっているのを感じるので、うれしいと言うべきだろう。僕の目標は当然ながら、最善を尽くし、チームの期待を尊重することだ」

「これからはセバスチャン・ベッテルという素晴らしいドライバーがそばにいる。僕が成長し学習していく上で重要な手助けをしてくれる存在になるだろう」

「彼は偉大なドライバーであると同時に、人間としても素晴らしい。マラネロでシミュレーターの作業をしていた時に彼を知ることになったが、彼は僕の仕事に感謝してくれたんだ」

 ルクレールは、最終戦アブダビGP後のピレリタイヤテストでフェラーリSF71Hのステアリングを握った。ベッテルとルクレールは別の日に走行し、タイヤも異なるため、比較はできないが、ベッテルの1分36秒812(1日目:2018年ハイパーソフト)に対し、ルクレールは1分36秒450(2日目:2019年コンパウンド5)のタイムを出し、大きな注目を集めた。実際にふたりのパフォーマンスを比較するのは、2019年3月の開幕戦オーストラリアGPまで待つ必要があるだろう。

 公式にフェラーリのF1ドライバーとなって初めてマシンを走らせた感想を問われたルクレールは、「どう思ったかって? もう信じられなかったよ」と答えた。

「マシンは本当に素晴らしい。ものすごく感動したと同時に、最高に誇らしく感じた」

「あれはテストだったので、純粋なパフォーマンスについて語るのはまったくもって意味がない。でも、乗ってすぐに特別な気持ちになったよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • dea*****|2018/12/19 11:54

    違反報告

    開幕戦の予選でセブよりも速いタイム叩き出したら面白い一年になりそう!
    タイトルはメルセデスが無難に取りそう。フェラーリは二人でポイント取り合ってタイトル逃すのが予想つく。
    タイトルは無理でもフェラーリの二人の争いは一年通して楽しみ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します