現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > インディカー:WEC戦うドラゴンスピードが参戦発表。2019年はインディ500含む5戦へエントリー

ここから本文です
スポーツ 2018.12.18

インディカー:WEC戦うドラゴンスピードが参戦発表。2019年はインディ500含む5戦へエントリー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 WEC世界耐久選手権のLMP1クラス、LMP2クラスを戦っているドラゴンスピードがインディカー・シリーズ参戦を正式発表。2019年はシリーズ5戦にスポット参戦し、2020年からフル参戦を開始する計画だ。

 ドラゴンスピードは2007年にエルトン・ジュリアンが立ち上げたレーシングチーム。主にスポーツカーレースを主戦場としており、これまでピレリ・ワールドチャレンジやELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズでチャンピオンを獲得している。

    IMSA:アキュラ・チーム・ペンスキーにロッシ加入。デイトナ、セブリングに助っ人参戦へ

 また2018/19年のWECではLMP1に10号車BRエンジニアリングBR1・ギブソンで、LMP2に31号車オレカ07・ギブソンで参戦している。

 そんなドラゴンスピードがインディ参戦を表明。2019年はWECのLMP1でも起用しているベン・ハンリーとともにインディアナポリス500を含むシリーズ5戦へスポット参戦し、2020年からはフル参戦する計画を明らかにした。使用するのはシボレーエンジン/シボレーシャシーとなる。

「現在採用されているレギュレーションにより、インディカーは着実に成長を遂げていると思う」と語るのは、チームプリンシパルのジュリアン。

「この状況をファンも理解しているし、チームも理解している。もちろん参戦マニュファクチャラーやスポンサー、TV放映権を持つNBCも理解しているはずだ」

「シリーズ参戦に向けて惜しみなく協力してくれたインディカーと、我々のためにエンジン提供プログラムを用意してくれたシボレーに感謝したい」

「この数年間、耐久レースを戦ってきたことでレースエンジニアリングやピット、レース戦略などの基盤が整ってきた。オープンホイールの世界で、チームはまた浮き沈みを経験するだろうが、ベンのスピードとセットアップ能力は強力な武器になる」

 2019年のインディカーは3月10日決勝のセント・ピーターズバーグ戦で開幕を迎える。ドラゴンスピードも、この第1戦に参戦する予定だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します