現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1王者メルセデス「レッドブル・ホンダは脅威だが、フェルスタッペンはまだハミルトンにかなわない」

ここから本文です
スポーツ 2018.12.17

F1王者メルセデス「レッドブル・ホンダは脅威だが、フェルスタッペンはまだハミルトンにかなわない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデスのエンジニアリングディレクター、アルド・コスタは、2019年F1タイトル争いの最大のライバルとしてフェラーリを挙げた。レッドブル・レーシングも脅威であると認めるコスタだが、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンに勝つには、もっと安定したパフォーマンスを発揮する必要があると語った。

 メルセデスは2018年、5年連続でドライバーズおよびコンストラクターズタイトルを獲得したが、今年はフェラーリが大きく差を縮めてきた。

    【SNSまとめ】ハミルトンが2019年型メルセデス“W10”のシート合わせ

 2018年は完璧なシーズンだったわけではないとコスタは認めている。
「シーズン後半、1戦1戦に効果的な開発を入れることができた」とコスタはGazzetta dello Sportに対して述べた。

「だが完璧なシーズンだったわけではなく、タイヤについてなかなか理解を進めることができなかった。その点ではレッドブルの方が我々より優れていた。信頼性も、良かったといえるが、著しく良かったわけではない」

 コスタは、2019年もフェラーリとタイトル争いをすることになると予想している。一方、パワーユニット(PU/エンジン)をルノーからホンダに変更するレッドブルにも注目している。

「フェラーリはもちろん、我々のライバルになるだろう。レッドブルは、新しいホンダエンジンについてポジティブな話をしているから、彼らも戦いに加わることになると思う」

 一方で、ドライバーの力を見た場合、フェルスタッペンにはまだハミルトンほどの強さはないと、コスタは見ている。

「彼(フェルスタッペン)は才能があるし、速さがある。だが一貫性の面で向上する必要がある」とコスタ。

「そしてそれこそがハミルトンが持つ大きな武器なのだ」

■「規則変更にうまく対応し、コンストラクターズ選手権の記録を目指す」とコスタ
 2019年には空力面等の規則変更が導入されるため、チームの序列が大きく変わる可能性があるとコスタは考えている。

「(ビッグスリー以外で)ルノー、ザウバー、ハースも忘れてはならない。新しい規則によってバランスが少し変わるかもしれない。有利になるチームと不利になるチームが出てくる」

 それでもメルセデスは2019年、また新たな記録に挑戦すると、コスタは言う。

「来年もタイトルを獲るためにベストを尽くす。ドライバーズタイトルの連続獲得記録ではフェラーリに追いついたが、コンストラクターズでもそのレベルに達する必要がある」

 メルセデスは、ドライバーズタイトルの連続獲得記録では、5連覇でフェラーリとタイのトップとなったが、コンストラクターズに関しては、1999年から2004年の6連覇でフェラーリが今も記録を保持している。

 コスタは、フェラーリやミナルディでキャリアを重ねた後、2011年にメルセデスに加入、エンジニアリングディレクターを務めたが、家族と過ごす時間を増やすため、2019年からテクニカルアドバイザーにポジションを変えることが決まっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します