現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 日産・e.ダムス、フォーミュラEデビュー戦でダブル入賞。ブエミ「難しいレースだった」

ここから本文です
スポーツ 2018.12.16

日産・e.ダムス、フォーミュラEデビュー戦でダブル入賞。ブエミ「難しいレースだった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サウジアラビアで開催されたフォーミュラEシーズン5の開幕戦ディルイーヤePrix。これがデビュー戦の日産・e.ダムス勢は6-7位と揃って入賞した。

 フォーミュラE新時代の幕開けは、砂漠に雨が降りフリー走行1回目が中止になるという波乱の展開。全車が10周ほどしか走行できていない状況で、変則的なフォーマットに変更された予選に臨むことになった。

    ■ペナルティ多発のフォーミュラE開幕戦。デビュー戦のマッサは3つの違反

 それでも、シリーズ最多勝を誇るセバスチャン・ブエミが予選4番手タイムを記録。他車のペナルティで3番手グリッドを手にした。

 決勝では、素晴らしいスタートで2番手に浮上したブエミ。しかしトップに躍り出るほどの速さはなく、その後はDSテチータ勢の猛追に屈した。レース終盤のセーフティカーも味方せず、周囲がアタックモードを使用する中でポジションを落とし、6位でフィニッシュとなった。

「素晴らしいスタートで2番手に浮上したけど、徐々に形勢が不利になっていった。必要なペースがなかったんだ」と、ブエミはニスモの公式サイトにコメントを寄せた。

「アタックモードのコンセプトは間違いなくトリッキーだ。それをアクティベートするのにタイムを失ってしまうけど、その恩恵も得られる。僕たちは適切なタイミングでそれを起動できなかったので、いくつかポジションを失ってしまった」

「雨の後でグリップがあまりなく、難しいレースだった。1コーナーでは2番手だったので、6位は少し残念だ。マラケシュに向けて一生懸命取り組む。どうなるか見てみよう」

 今回がデビュー戦となったオリバー・ローランドは、予選は奮わず13番手タイム。さらに規定以上のパワーを超えてしまったとして、当該ラップのタイムが抹消となり14番手スタートとなった。

 決勝は序盤からシーズン3王者のルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・スポート・アプト・シェフラー)にプレッシャーをかけられるも、一歩も譲らないバトルを展開。徐々にポジションを上げて7位フィニッシュと、力強いレースを展開した。

「スタートの時は忙しなくて、いろんなことが起こった。でも僕のペースはレース中ずっと良かった。日産・e.ダムスに7位という結果を持ち帰れて嬉しい」

 そうレースを振り返ったローランドは、激しいバトルが展開されるフォーミュラEのレースに驚きを感じたようだ。

「シミュレーターでかなり準備をしてきたけど、レースでは毎ラップ戦っていたのできつかった。常に誰かに突進されていたからね」

「もう少し走れば、それがもっと自然に感じられるようになって、もっと細かいところに集中し、改善していけるだろう」

「天候のせいでクレイジーな1日だった。こうなるとは誰も予想していなかっただろうけど、チームは良い仕事をした」

 デビュー戦でダブル入賞と、まずまずの滑り出しとなった日産・e.ダムス。とはいえ、DSテチータ勢が頭ひとつ抜けた速さを見せたこともあって、チーム首脳陣を含め改善の必要性を感じた様子だ。

 日産自動車グローバル・モータースポーツ・ダイレクターのマイケル・カルカモは、「改善する必要があるところは分かっている。マラケシュまでに前進できるように、一生懸命取り組む」とコメントしている。

 シーズン5の第2戦マラケシュePrixは、来年1月12日(土)に開催される。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します