現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 100周年近づくモンツァ、F1開催継続に向け総額128億円の大改修を検討。第2シケイン削除、旧バンクが復活?

ここから本文です
スポーツ 2018.12.16

100周年近づくモンツァ、F1開催継続に向け総額128億円の大改修を検討。第2シケイン削除、旧バンクが復活?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モンツァ・サーキットは、総額1億ユーロ(約128億円)を費やす大改修を検討しており、第2シケインのバリアンテ・ロッジア(4・5コーナー)を取り除き、旧コースのバンクを復活させることを検討しているようだ。

 本格的なパーマネントサーキットとしては3番目に建設されたモンツァは、2022年に完成から100周年を迎える。

    ■鈴鹿サーキット社長インタビュー:新体制となるSRS、”戦える”日本人ドライバー誕生に向けた期待と努力

 モンツァでのイタリアGP開催継続が危ぶまれている中、イタリア自動車クラブ会長のアンジェロ・スティッチ・ダミアーニは、2022年に向けてサーキットの改修を行う用意があることを明かした。

 ガゼッタ・デロ・スポルトの報道によれば、ダミアーニはコースレイアウトの変更により、”スピードの殿堂”としての地位を取り戻したいと考えているようだ。

 現在のレイアウトには3つのシケインが存在するが、そのうち2番目のロッジアを取り除き、レズモ2つ目のコーナーも含めて1994年のコース改修前の状態に戻すことで、より高速のコースに戻すことが検討されている。

 その他にも、コースの拡幅やアクセスロードの新設、グランドスタンドの改修や旧バンクコースのリノベーションも行われる予定のようだ。

 ダミアーニはバンクコースを利用可能にすることで、モンツァが理論上10kmの長さを誇る、ユニークな魅力を持つことができると示唆している。

 プロジェクトの費用は総額128億円にも及ぶが、ダミアーニは地方自治体及び政府からの拠出を含めて、なんとか調達できると考えているようだ。

 プロジェクトを実施に移すための鍵となるのは、2020年以降のF1イタリアGP開催契約の更新だが、金銭面がネックとなってF1オーナーのリバティ・メディアとレースプロモーターの間で合意に至っていない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します