現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルクレール、フェラーリ1年目の目標は”複数回の勝利”と主張「プレッシャーは何も感じない」

ここから本文です
スポーツ 2018.12.16

ルクレール、フェラーリ1年目の目標は”複数回の勝利”と主張「プレッシャーは何も感じない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 来季フェラーリに新加入するシャルル・ルクレールは、1年目に複数回勝利するのが目標だと語る。

 ザウバーで印象的なルーキーシーズンを過ごしたルクレールは、その可能性を買われ、キミ・ライコネンに代わってフェラーリに加入することになった。

    ■2021年エンジン規則大変更”廃案”の妥協策。新規参入メーカーに技術支援することを義務付けか?

 そのルクレールは来季、セバスチャン・ベッテルと組むことになるが、チームメイトを倒すのは簡単ではないだろう。さらにこれまで以上に注目が集まることになり、プレッシャーが増すことになるはずだ。

 ルクレールはそれについては心配していないと主張するとともに、シーズンに向けた明確な目標を設定していると語る。

「プレッシャー? いや、そんなのは感じない。むしろチームからサポートされているのを感じるし、満足していると言うべきだろう。僕の目標は自分のベストを尽くし、チームの期待に応えることだ」

 木曜日の夜にオートスプリントのイベントに出席したルクレールは、そう語った。

「僕はセバスチャン・ベッテルと組むことになる。彼は僕が成長し、学ぶための大きな助けになるだろう。彼は人としても素晴らしいし、素晴らしいドライバーでもある。僕はマラネロのシミュレータで働いていた時に彼のことを知った。そして、僕の仕事に感謝してくれたんだ」

「僕の目標の話に戻そう。フェラーリでレースをするということは、複数回勝たなきゃいけないということだと思う。僕のホームレースのモナコや、モンツァなどだ。フェラーリのドライバーとしてイタリアのレースを走るのが、どんな感じなのか想像することもできない」

 ルクレールはシーズン終了直後にアブダビで行われたタイヤテストで、フェラーリのマシンを走らせた。

「信じられないほどだ。ドライブするのは素晴らしいマシンだった。大変な名誉だし、感動を覚えた」

「テストだから、パフォーマンスについて話したとしても、それはあんまり意味のないことだ。でも、フィーリングは格別だった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Jonathan Noble)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します