現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2018/19フォーミュラE開幕戦:ダ・コスタがBMWにデビューウインを捧げる。ニッサン勢はダブル入賞

ここから本文です
スポーツ 2018.12.16

2018/19フォーミュラE開幕戦:ダ・コスタがBMWにデビューウインを捧げる。ニッサン勢はダブル入賞

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サウジアラビアのディルイーヤで15日に行われた2018/19ABBフォーミュラE選手権開幕戦。決勝レースは、BMW i アンドレッティ・モータースポーツのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタがポール・トゥ・ウインで制し、2014/15シーズンのアムリン・アグリで挙げた初勝利以来となる自身2勝目を挙げた。

 初陣となったニッサン・e.ダムス勢は、セバスチャン・ブエミが6位、オリバー・ローランドが7位とデビュー戦でダブル入賞を果たした。

    【順位結果】2018/19フォーミュラE開幕戦ディルイーヤE-Prix 決勝レース

 サウジアラビアの首都リヤド郊外に位置するディルイーヤで開催される2018/19フォーミュラE開幕戦。世界遺産にも選ばれる歴史的な街並みで、中東初の電動モータースポーツレースが行われた。

 新シャシー“GEN2”の導入により、今シーズンからラップレースではなく45分+1周のレースに変更。エネルギーをどのように使用するかが勝負の分かれ目となる。また、アタックモードの使用制限がレース1時間前に発表され、ディルイーヤでは2分間2回の使用が可能となる。

 好スタートを見せたのはポールポジションを獲得したダ・コスタ。3番手グリッドとなったセバスチャン・ブエミ(ニッサン・e.ダムス)もホセ-マリア・ロペスを交わして2番手に浮上。

 後方では、エドアルド・モルタラ(ベンチュリ・フォーミュラEチーム)が他車と接触しウォールにクラッシュ。早々にフルコースイエローとなる。

 ダ・コスタ、ブエミ、ロぺス、ジャン-エリック・ベルニュ(テチーター)、ストフェル・バンドーン(HWAレースラボ)の順でレースは再開。6番手のアンドレ・ロッテラー(テチーター)は、4周目にバンドーンをオーバーテイク。さらに前を走るベルニュに迫る。


 ベルニュもペースアップし、ロペスを交わし3番手に。9周目にはブエミをオーバーテイク。さらに勢いに乗って14周目にダ・コスタも交わしついにトップに浮上する。

 ベルニュと共に順位を挙げたロッテラーもダ・コスタへと襲い掛かる。残り17分を切ったところでロッテラーがアタックモードに入り、ダ・コスタをオーバーテイクして2番手に。

 ここでロッテラーに迫られたくないベルニュもアタックゾーンを通過し、ロッテラーの猛追に備える。しかし、トップ争いをするテチーターの2台が23周を終えたところでピットイン。テチーターには技術違反でドライブスルーペナルティが科せられていたようだ。

 8番手までポジションをアップしていたフェリペ・マッサ(ベンチュリ・フォーミュラE)も同様にペナルティが科せられポジションダウン。

 再びトップに立ったのはダ・コスタ。ロペス、ジェローム・ダンブロシオ(マヒンドラ)、ブエミと続き、ベルニュは5番手、ロッテラーは7番手に。

 ロペスと激しいポジション争いを繰り広げていたダンブロシオは25周目にオーバーテイクし2番手に。ロペスはアタックモードに入ったブエミ、ベルニュも交わされてしまう。

 後ろの2台が迫る中、ダンブロシオは2度目のアタックモードへ。この判断が終盤戦に大きく影響してしまう。

 残り12分、ロペスが左リヤタイヤを接触させコース上にマシンをストップとなり、50km/h制限のフルコースイエローに。さらにマシンを撤去するためセーフティカーが導入される。

 バッテリーにも余裕ができたことで、セーフティカーが離れる周で各車がアタックモードに進入。ダンブロシオをはじめアタックモードを使い切ったドライバーには厳しい終盤戦に。

 残り3分+1周の勝負。ベルニュはアタックモードでダンブロジオをオーバーテイクし2番手に浮上。後ろではミッチ・エバンス(パナソニック・ジャガー・レーシング)、ブエミ、ロッテラーが激しいポジション争いを繰り広げる。

 32周目、ロッテラーがブエミを交わし5番手を奪う。そして、45分が経過し残るはファイナルラップのみに。

 ファンブーストを使って逃げるダ・コスタ。ベルニュは0.6秒差まで追い詰めたが届かず、ダ・コスタがシーズン2以来自身2勝目を初のポール・トゥ・ウインで飾った。


 2位は昨シーズンの王者ベルニュ。3位にダンブロシオ。ニッサン勢の初戦は、ブエミが6位、ローランドも7位に入りダブル入賞となった。
 
 シーズン5から参戦し、デビュー戦で初優勝を飾ったBMW。このままシーズンをけん引する存在となるだろうか? また、ドライブスルーペナルティでポジションを下げるも驚異的なレースペースを見せたテチーターのベルニュとロッテラー。昨シーズンに引き続きシーズン5でもチャンピオン争いの中心となりそうだ。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します