現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォーミュラE開幕戦ディルイーヤePrix予選:サウジアラビアにまさかの雨。ダ・コスタがPP獲得、日産勢はブエミが4位

ここから本文です
スポーツ 2018.12.15

フォーミュラE開幕戦ディルイーヤePrix予選:サウジアラビアにまさかの雨。ダ・コスタがPP獲得、日産勢はブエミが4位

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォーミュラEのシーズン5開幕戦ディルイーヤePrixの予選が行われ、BMWアンドレッティのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタがポールポジションを獲得した。

 まさかの雨に見舞われたディルイーヤePrix。ほとんど雨の降らないサウジアラビアの首都リアドであるが、金曜日の夜から土曜日にかけて雨が降った。さらにフリー走行1回目直前にも降雨があり、路面には雨水が溜まってしまった。

    ■新時代迎えるフォーミュラE。戦略決めるエンジニアの悩みは激増!?

 この影響でフリー走行1回目が中止。2回目のセッション時間が長くされたものの、それでも開始時間が遅れるなどしたため、スケジュール全体に影響を及ぼし、予選も4グループで行われる予定だったものが2グループ制に変更され、さらにスーパーポールセッションも行われないという変則的な形となった。

 グループAのセッション序盤にコースインしたのは、NIOのトム・ディルマンのみ。ディルマンはアタックを重ねて1分17秒893を記録した。

 その他のマシンは、路面が乾くのを待ち、コースインを遅らせた。そして残り4分を切った段階で一斉にコースイン。混雑したコースの中、なかなかディルマンを上回るマシンは現れない。

 結局、ディルマンを上回ったのは、BMWアンドレッティのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタのみ。ディルマンが2位、ホセ・マリア・ロペス(ドラゴン)が3位となった。これが初レースとなる日産・e.ダムスのセバスチャン・ブエミが4番手となった。前シーズン王者のジャン-エリック・ベルニュ(テチータ)は6番手だった。

 続いて行われた予選グループB。なかなか上位のタイムをマークするドライバーは現れない。そんな中、これが初のフォーミュラE参戦となるストフェル・バンドーン(HWA)が、総合5番手に飛び込んでみせた。

 その後、アンドレ・ロッテラー(テチータ)が良いペースで走ったが、そのアタックラップの途中で赤旗が振られてしまう。ドラゴンのマキシミリアン・ギュンターがコース上にマシンを止めてしまったのだ。

 セッション再開後、再アタックしたロッテラーは10番手止まり。またこのレースのみマヒンドラから参戦のフェリックス・ローゼンクヴィスト(マヒンドラ)は、最終アタックの最終コーナーでミスを犯し、ウォールにクラッシュしてしまった。

 このクラッシュで赤旗が振られたがこれは誤りだったようで、ミッチ・エバンス(ジャガー)が12番手となっている。

 結局ダ・コスタが首位で予選終了。ディルマンが2位となったが、予選で許された4周を超えた周回数を走ってしまったため、審議対象となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します