現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ローゼンクヴィスト、”急成長中”のフォーミュラEを離れることを決めた理由「僕はインディカーに”ただ”挑戦してみたかった」

ここから本文です
スポーツ 2018.12.14

ローゼンクヴィスト、”急成長中”のフォーミュラEを離れることを決めた理由「僕はインディカーに”ただ”挑戦してみたかった」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェリックス・ローゼンクヴィストは、今週末のアド・ディルイーヤePrixが、”短期的に見れば”フォーミュラEで最後のレースになるだろうと語った。

 ローゼンクヴィストはマヒンドラのドライバーとして2シーズンにわたりフォーミュラEに参戦し、3勝を挙げた。しかし2019年にはインディカーにフル参戦することを決めたため、フォーミュラEの第5シーズンには参戦しないことを決断した。

    ■日産フォーミュラE、ブエミとローランドが語るFEの魅力「何レースか観れば間違いなくハマる!」

 マヒンドラはそのため、パスカル・ウェーレインとジェローム・ダンブロジオのラインアップでシーズン5に挑むことを決めたが、ウェーレインとメルセデスの契約が終了する前だということもあり、代役としてローゼンクヴィストが開幕戦アド・ディルイーヤePrixにのみ出走することが決まった。

 ただローゼンクヴィストにとってこのアド・ディルイーヤePrixは、フォーミュラEでの最後のレースになるかもしれない。彼はフォーミュラEを離れるには「正しいタイミングだった」と語ると共に、「短期的に見れば最後のレースになるだろう」とmotorsport.comに話した。

「長期的に見れば、ある時点ではここに戻ってくるという希望を持っている。このチャンピオンシップは、僕にとっては非常に意味のあることだったし、常に楽しんでいた」

「今僕は、新しい挑戦に挑んでいる。そのことについて、本当に興奮しているんだ。夢が叶ったようだ」

「それ(インディカー)が僕の今の目標だ。でも、いつかは分からないけど、僕は必ずフォーミュラEに戻ってくる」

「アメリカのインディカーのベストチームに加入するチャンスがあったんだ。おそらく、そんなチャンスはもう二度とないかもしれない。そういうチャンスが再び訪れるとは思わなかった。だから僕は、『OK! インディカーをやろう』と言ったんだ」

 近年のフォーミュラEは、メーカーの参入が相次いでいることもあり、高い注目を集めている。そして、非常に評価が高いドライバーたちも、多数参戦するようになっている。

 一度シリーズを離れてしまえば、いくらローゼンクヴィストとはいえ、復帰するのは簡単ではないかもしれない。これについて尋ねられたローゼンクヴィストは、次のように語った。

「今していることに集中しなければならない。そうすれば、全てのことがうまくいく」

「僕は『8年後にここに戻ってくるつもりだ』などと考えているわけではない」

「そこ(インディカー)で良い仕事をすることができれば、僕はそれをやり続けるつもりだ」

「多くの人が『フォーミュラEは急成長している。ここは、正しい場所になっていくだろう』と言っている。その通りだと僕も思う。今、急成長しているチャンピオンシップであることは間違いない」

「でもスポーツの観点から言えば、僕はインディカーをやりたかった」

「お金とか、そんなことは本当にどうだっていい。とにかく、僕はインディカーをドライブしたいんだ。それが、僕がインディカーをやることに決めた理由だ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Alex Kalinauckas, Stefan Ehlen)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します