現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「2019年型マクラーレンはレッドブルのコピー」との推測を、新ドライバーのサインツが打ち消す

ここから本文です
スポーツ 2018.12.14

「2019年型マクラーレンはレッドブルのコピー」との推測を、新ドライバーのサインツが打ち消す

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンF1チームの新レギュラードライバー、カルロス・サインツJr.は、2019年のシャシーをデザインするにあたりマクラーレンがレッドブルのコンセプトをコピーするのではないかという推測を打ち消した。

 2018年、マクラーレンはパワーユニット(PU/エンジン)をホンダからルノーに変更した。しかし期待したようなパフォーマンス向上は見られず、ルノーのパワーユニットを搭載するレッドブル・レーシングはランキング3位、ルノーワークスチームは4位だったのに対し、マクラーレンは6位にとどまった。

    マクラーレンCEO「レッドブルとルノーの契約終了は我々にとってプラスに働く」

 挽回を図りたいマクラーレンはレッドブルの2018年型マシンを模倣し、2019年のレギュレーションに合わせてニューマシンを作るのではないかと推測する者もいるが、サインツは特定のひとつのマシンをまねることはあり得ないと主張した。

「チームがひとつのシャシーをコピーするというのは、ずいぶんと単純な話だね」とサインツが語ったとPlanet F1が伝えた。

「マクラーレンは、すべてのチームのアイデアをチェックしているはずだ。それはF1では当たり前のことであり、僕が走った他のどのカテゴリーでも同じことが行われていた」

 また、2018年にルノーに所属していたサインツは、カスタマーであるマクラーレンが使用するパワーユニットはワークスと同一のものであり、不利になることはないと語った。

「エンジンは同じだ。テストをした時にルノーで使っていたものと同じであることを確認できた。だからそれについては心配していない」とサインツは言う。最終戦後にアブダビで開催されたピレリタイヤのテストで、サインツはマクラーレンのマシンを走らせた。

「ルノーは、ワークスチームに載せるのと同じものをマクラーレンに提供していると確信している」

「来年、優れた機器を得られないという心配はしていないよ」

■「マクラーレンは2019年には上位争いはできない」と慎重なサインツ
 サインツは、低迷が続くマクラーレンが来年優勝争いができるようになる可能性は低いと認め、まずは中団争いでトップに立つことを狙っていくと語った。

「競争力が高いマシンになるか? 何をもって、“競争力が高い”と言うかだね」

「世界タイトルをかけて戦えることを“競争力が高い”というなら、今のF1を考えると表彰台のことを考えるのもまだ早いと思う。でも、中団のトップに立つという意味なら、それこそがマクラーレンが設定する目標だ」

「来年それを実現すると言っているわけではない。今の段階では目標だ。でも、現実的な目標だと思うし、そこに近づけるよう努力するつもりだよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します