現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ニッサン、オルドネス&バンコムと2019年の契約結ばず。GT3プログラムで活躍

ここから本文です
スポーツ 2018.12.13

ニッサン、オルドネス&バンコムと2019年の契約結ばず。GT3プログラムで活躍

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブランパンGTシリーズやニュルブルクリンク24時間、バサースト12時間などニッサンが参加する多数のGT3プログラムで、ニッサンGT-RニスモGT3をドライブしてきたルーカス・オルドネスとアレックス・バンコムが、日本メーカーとの契約更新が叶わずチームを離れることになった。

 約10年間、欧州ニッサンの顔としてGT3カテゴリーで活躍してきたオルドネスとバンコムが2019年の契約を得られなかったという情報は12月11日、ニッサンの声明によってもたらされた。

    ニッサン、スパ24時間初参戦の2018年型GT-Rが7位入賞。「みんなが誇れる仕事をした結果」とオルドネス

 ニッサンにとって功労者と言えるふたりとの契約終了の理由は、同社がグローバルレースプログラムをGTカテゴリーから2018/2019年シーズンから参戦を開始するABBフォーミュラE選手権に移し、ブランドの転換を図るためと説明されている。

 2007年にニッサンに加わったバンコム、その翌年にプレイステーションGTアカデミーの初代卒業生として加入したオルドネスに対し、ニッサンは次のように感謝の意を述べている。

「両ドライバーは過去10年間、ニッサンに信じられないほどの貢献をしてくれた。この間、我々は優勝やチャンピオンシップの獲得など、多くの成功を成し遂げることができた」

「オルドネスはニッサンとグランツーリスモのコラボレーションによって生まれた、GTアカデミーで初の栄冠に輝き、バンコムはそんなオルドネスをはじめとするGTアカデミー卒業生の良き指導者して活躍してくれた」

「我々はともに努力を重ねてきた彼らに感謝すると同時に、ふたりにとってより良い未来が訪れるよう願っている」

 2015年に千代勝正、ウォルフガング・ライプとともにブランパンGTシリーズ・エンデュランスのシリーズチャンピオンを獲得したバンコムは、ヨーロッパファクトリーによるGT3プログラムの終了が自身と日本メーカーとの契約終了に寄与したと語った。

「ニッサン/ニスモとの旅は素晴らしいものだったが、今は変化の時だと思っているんだ」とバンコム。

「GTプログラムが限定され、ヨーロッパでの活動がなくなってしまったことは残念に思うよ。しかし、同時に新しい機会を模索する時がきたと感じたんだ」

「僕たちはGTレース、特にGT3の素晴らしい時代を楽しんできた。だから僕のキャリアにおける次のチャプターがどのようなものになるのかにとても興奮しているんだ」

 一方、2013年にエンデュランスカップのプロ・アマカップでタイトルを獲得し、ニッサンエンジンを搭載するLMP2カーでル・マン24時間に参戦、クラス表彰台に2度登ったオルドネスは、ニッサンとの関わりが「素晴らしい思い出」であるとコメントしている。

「この間、我々は多くの勝利と成功を収めることができた。しかし、これからは新しいチャレンジを捜しながら、さらにプロフェッショナルになるための努力を続け僕自身のゴールを目指していくつもりだ」

「今回の件は悲しいことではないよ。僕は次の目標を達成するために新しい環境で、また素晴らしい関係を築けることを楽しみにしているんだ」

 今季、バンコムとオルドネスは、若手ドライバーのマット・パリーとともにGT SPORT・モチュール・チームRJNの23号車ニッサンGT-RニスモGT3をドライブしてブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップに参戦。ポール・リカール1000kmで総合5位を獲得している。

 ニッサンの声明では、2019年もカスタマーチームの手で18年型GT-RニスモGT3が同シリーズを走るとされているが、チームRJNの参戦計画は確認されていない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します