現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ガスリー「フェルスタッペンのチームメイトになることを恐れてはいない」

ここから本文です
スポーツ 2018.12.13

ガスリー「フェルスタッペンのチームメイトになることを恐れてはいない」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ピエール・ガスリーは、マックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてF1で戦うことを恐れてはいないと語り、2019年にレッドブル・レーシングに加入することで、F1チャンピオンになるという夢に一歩近づけると、意気込んでいる。

 ガスリーは2017年のマレーシアGPでトロロッソからF1デビュー、フル参戦の2018年にはバーレーンで4位を獲得するなど優れたパフォーマンスを見せ、レッドブル・ホンダの2019年レギュラードライバーに抜擢された。

    2019年のホンダは現場スタッフが約2倍に。アブダビテストで実戦トレーニング【レッドブル・ホンダF1の展望】

 新たにチームメイトとなるフェルスタッペンは、将来のチャンピオン候補と目されるほど高い評価を受けており、彼と同じマシンに乗るガスリーにとって来年は真価が問われるシーズンになりそうだ。

「恐れてはいない。チーム内に自分の場所を築けるかどうかは自分次第なんだ」とガスリーはフランスのInfosport+に対して語った。

「マックスは強い個性の持ち主で、チーム内で自分のポジションをすでに確立しているし、僕より経験を積んでいる。僕より早くチームに加入し、たくさんのことをすでに経験している」

「僕が自分の場所を作れるかどうかは自分次第だ。僕はダニエル(・リカルド)ともマックスとも違う。僕は僕だ。誰とも違うんだ」

■「F1チャンピオンになるため、レッドブル・ホンダでさらに成長したい」とガスリー
 ガスリーは、最終戦後にアブダビで行われたタイヤテストで、レッドブル・レーシングに合流し、2018年型マシンを走らせた。

「来シーズンが待ち遠しいよ」とガスリーは言う。

「僕のキャリアにおいて大きなステップだ。まさに目指していた場所でもある。F1において高い目標を掲げている。子どものころから、いつか世界タイトルを取りたいと、それだけを夢見てきた」

「僕のキャリアは始まったばかりだ。進歩し続け、経験を積んでいく必要がある。来年はF1での(フルシーズン参戦)2年目に過ぎない。今年はたくさんのことを学んだが、来シーズンも引き続き学習を続けていかなければならない」

「最高のチャレンジだよ。彼ら(レッドブル・レーシング)はセバスチャン・ベッテルとともに4回タイトルを獲得したチームだ。僕はドライバーとして成長するためにベストを尽くしていく。来年、何ができるかが楽しみだ」

「僕の究極の目標に一歩近づくことは確かだ。F1世界タイトルを獲得するという目標にね」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します