現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT2019ストーブリーグ(GT500クラス):日産勢にロシター、平手が加入との噂。ホンダ、レクサスも陣営大幅見直しか?

ここから本文です
スポーツ 2018.12.13

スーパーGT2019ストーブリーグ(GT500クラス):日産勢にロシター、平手が加入との噂。ホンダ、レクサスも陣営大幅見直しか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月に2018年シーズンが終了したスーパーGTシリーズ。しかし、早くも2019シーズンに向けて水面下でドライバー移籍などの話が進み始めている。特にGT500クラスは、3メーカーともにドライバーラインアップの見直しを考えているようだ。

 まず、8年ぶりにチャンピオンを獲得したホンダ勢。当初は他メーカーから実力ある若手ドライバーが電撃移籍してくるのではないかという噂もあったが、結局のところそれはなさそうな情勢だ。

    ■ジェンソン・バトン、2019年はスーパーGTに専念する模様「もっと余裕のあるスケジュールでレースに集中したい」

 チャンピオンチームであるTEAM KUNIMITSUは山本尚貴/ジェンソン・バトンのコンビを継続する模様。その他のチームも、ほとんどが今季同様のコンビになる可能性が高い。しかし、これといった確定情報がないため、もしかすると土壇場になって変更があるかもしれない。

 そんな中でもラインアップに変更がありそうなのがNAKAJIMA RACING。今季レギュラー参戦したベルトラン・バケットと松浦孝亮に加えて、新たに候補者の名前がいくつか聞こえてきている。

 その中のひとりが今季スーパーフォーミュラに参戦したナレイン・カーティケヤンだ。彼は以前からスーパーGT参戦を希望しており、NAKAJIMA RACINGから参戦する可能性を模索しているようだ。

 また、今季GT300で特にシーズン後半に目覚ましい活躍を見せた大津弘樹もGT500クラスにステップアップするのではないかという噂が上がっている。

 レクサス勢は新規チーム参入の噂もあったが、来季も変わらず6台がエントリーすることになりそう。その中でも今季安定した活躍を見せたトムス陣営は36号車、37号車ともにラインアップの変更はない模様。38号車のCERUMOも立川祐路/石浦宏明のコンビが継続される方向のようだ。

 ただ、その他はコンビの入れ替えがありそう。その中で“キーマン”となるのが今季全日本F3選手権でチャンピオンを獲得した坪井翔だ。GT500クラスへのステップアップは確実のようだが、注目は加入するチーム。様々な噂が上がっているが、意外にもBANDOH加入が有力という情報が12月に入って流れてきている。もし坪井がBANDOHに加入することになれば、パートナーは国本雄資になる模様。山下健太はTeam LeMansかSARDへ移籍するのではないかと見られている。

 また今季レギュラー参戦を果たした小林可夢偉には、来季に関してはGT500に参戦しないのではないか……という噂がある。小林はWECやスーパーフォーミュラへの参戦で多忙を極めており、なかなかGT500クラスまで手が回らないというのが現状の課題としてあるようだ。一方でヘイキ・コバライネンは来季も残留することが確実と見られており、そのパートナーに誰が入るのか、注目が集まっている。

 大幅なドライバーシャッフルが予想されるのは日産勢だ。先日のNISMO FESTIVALでニスモの片桐隆夫社長が「聖域を設けずに、ソフト面も含めて全部を見直す」と挨拶したが、その言葉通り全チームともにドライバー体制の見直しを行う模様。不動のコンビと考えられていた松田次生/ロニー・クインタレッリのNISMOもドライバー変更の可能性がある。

 さらに昨年まで他メーカーでGT500を戦っていたジェームス・ロシター、平手晃平らが移籍してくるという情報がある。ロシターはKONDO RACING加入が確実な模様で、平手はB-Maxへの加入が有力なのではないかと言われている。

 今季KONDO RACINGから参戦した高星明誠はフォーミュラEの日産e.ダムスでリザーブドライバーが決定しており、来季はチームに帯同することを優先するため、スーパーGT参戦の可能性は薄いのではないかという噂だ。

 また、B-Maxから来季スーパーフォーミュラに参戦することが決まっているルーカス・アウアーもスーパーGTのシートを探しているのではないかという噂が上がっている。昨年までDTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦したアウアーだが、メルセデスの撤退に伴い、今季はレギュラーシートがない模様。スーパーフォーミュラと合わせてスーパーGTへの参戦も視野に入れていたとしても、決して不思議ではない。

 また、日産は先日富士スピードウェイで来季のドライバー候補を集めたオーディションテストを行ったようだ。その中には、海外のレースで活躍したドライバーも複数参加したと見られている。これから来年1月にかけて、さらなる動きが出てきそうだ。

 各メーカーとも今月下旬にセパン・インターナショナル・サーキットでテストを予定している。そこでの参加チーム/ドライバーの状況で、2019年のラインアップの詳細が見えてきそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Motorsport Network.)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します