現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ロバート・クビサ、レギュレーション大変更の2019年は、F1に復帰する「完璧なタイミング」

ここから本文です
スポーツ 2018.12.13

ロバート・クビサ、レギュレーション大変更の2019年は、F1に復帰する「完璧なタイミング」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 来季、ウイリアムズのドライバーとしてF1復帰を果たすこととなったロバート・クビサ。彼は新人のジョージ・ラッセルと組み、2010年以来となるF1シーズンを過ごす。

 クビサが復帰する2019年のF1は、”オーバーテイク促進”を目的に、前を行くマシンに近付くことができるよう、フロントウイングやブレーキダクト、そしてバージボードなどの空力パーツのレギュレーションが大きく変更される。クビサはこのタイミングは、自分がF1に復帰する絶好のタイミングだと感じているようだ。

    ■ホンダF1との将来を「忍耐強く信じる」フェルスタッペン。一方で”ルノー批判”についても弁解

「僕はF1でかなりの経験がある。だから、F1ドライバーになることがどういうことなのかを理解している。僕はそれを恐れてはいない」

 F1に戻ることについての期待について尋ねられた際、クビサはそうmotorsport.comに対して語った。

「たくさん働かなきゃいけないし、尽くさなきゃいけない。そんなことは分かっている。そして、僕はそのための準備ができているんだ」

「僕らはアブダビでテストした。そして冬のテストも行う。技術的な面とドライバーの面から見れば、オーストラリアに行くまでには、十分に準備が整っているはずだ」

「2019年は、誰もがゼロから始まるというべきだろう。だから8年間F1から離れていたといっても、それを恐れることはない。僕は楽しみにしているよ。何をしなければいけないのか、よく理解している。僕はうまく仕事をすれば、みんなが満足するだろうと確信しているんだ」

 クビサは今シーズン、ウイリアムズのレースシートを手にすることを目指した。しかしウイリアムズは、ランス・ストロールのチームメイトにセルゲイ・シロトキンを選び、クビサは結局リザーブ&開発ドライバーに就任することになった。

「今年の1月には、ある程度の準備は整っていた。でも今年は、僕にもっと学ぶための時間を与えてくれることになった。確かに、F1マシンをテストでドライブすることが助けになるのは事実だ。でも、それだけで全てを学ぶことができるわけじゃない」

「だから来年の初めに、見つけなければいけない。それは学習じゃない。全てのドライバーが、新しいマシン、新しいタイヤ、そして新いシステムを”発見”することになるんだから」

「これは僕にとって、完璧なタイミングだと思う。そして、それが僕が(F1のレギュラードライバーとして)挑もうとした理由だ。準備ができていると感じている。でも現実的でなければならず、簡単じゃないことは分かっている」

「F1に復帰するのは、僕にとっては大きなチャレンジだった。スポーツの面で言えば、より大きな課題になるだろう。期待されるものを、確実に提供しなきゃいけないのだから」

「でも、僕は恐れているわけではない。僕は準備できているし、興奮している。そのことは、僕にさらなるモチベーションを与えてくれる」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(motorsport.com 日本版 Alex Kalinauckas)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します