現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > トロロッソ・ホンダ離脱のハートレーに同情の声。「間違いなくパフォーマンスが向上していた」と元F1ドライバー

ここから本文です
スポーツ 2018.12.13

トロロッソ・ホンダ離脱のハートレーに同情の声。「間違いなくパフォーマンスが向上していた」と元F1ドライバー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元F1ドライバーで現在Sky SportsでF1解説者を務めるマーティン・ブランドルは、トロロッソ・ホンダを離脱したブレンドン・ハートレーに対して同情的な発言を行った。

 2017年アメリカGPでトロロッソに加入したハートレーは、2018年に残留し、フルシーズンを戦った。しかしチームは彼のパフォーマンスに不満を持ち、今シーズンいっぱいで契約を終了することを決めた。チームメイトのピエール・ガスリーは、2019年にレッドブル・レーシングに昇格する。

    “政治に支配されるF1”で苦労したハートレー「トロロッソ離脱の顛末を、いつか明らかにしたい」

 ハートレー自身は、難しい状況を切り抜けて終盤には調子を上げており、「コンスタントにチームメイトよりいいパフォーマンスを発揮していた」として、自分の今シーズンの仕事に自信を示している。

 ブランドルも、ハートレーはシーズン終盤、いい走りをしていたと認めている。

「ブレンドンのことは気の毒に思う。何度か技術的理由での(パワーユニット交換による)グリッドペナルティを受けてスタートしなければならなかった」とブランドルは、Sky Sportsのコラムに記している。

「終盤はとてもいい走りをしていた。シーズン初めは精彩を欠いた部分もあったが、終盤になるに従って難しい状況を打開していき、速さとテクニックを発揮できるようになっていた」

 ハートレーの今後の具体的なプランは明かされていないが、ポルシェは2019年のモータースポーツ活動計画を発表するにあたり、ハートレーがワークスドライバーのひとりであることを明らかにしている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します