現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンCEO「レッドブルとルノーの契約終了は我々にとってプラスに働く」

ここから本文です
スポーツ 2018.12.13

マクラーレンCEO「レッドブルとルノーの契約終了は我々にとってプラスに働く」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクラーレンのCEOザック・ブラウンは、ルノーが2019年に2チームにしかF1パワーユニット(PU/エンジン)を供給しないことは、マクラーレンにとってプラスに働くと考えている。

 レッドブル・レーシングがホンダにスイッチすることで、ルノーのパワーユニット供給先は、ルノーワークスチームとマクラーレンの2チームに減る。

    フェルスタッペン、厳しいルノー批判を説明。「改善してほしいだけで、けなすつもりはなかった」

 マクラーレンは、2017年末でホンダと袂を分かち、2018年シーズンからルノーを搭載し始めた。ブラウンは、今シーズンのパワーユニットには満足しており、2019年に向けて大きな期待を感じていると述べた。

「ルノーには非常に満足している。彼らとの関係もとてもいい」とブラウン。
「来年のパワーユニットについての報告を受け取ったが、非常に心強いものだった」

「信頼性の高いエンジンを供給してもらい、とてもうまくいった。自分たちの決断にもルノーにも満足している」

「来年は(ルノーのパワーユニットを搭載するのが)2チームになる。それは我々にとってプラスに働くだろう。彼らは自分たちと我々の2チームに集中して作業にあたるからだ。彼らとの長期的な将来は素晴らしいものになると期待している」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します