現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォーミュラE併催の『ジャガーIペース eトロフィー』、12月15日の開幕戦には11台が参戦

ここから本文です
スポーツ 2018.12.12

フォーミュラE併催の『ジャガーIペース eトロフィー』、12月15日の開幕戦には11台が参戦

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月15日に第5シーズンにあたる2018/19年シーズンが開幕するABBフォーミュラE選手権のサポートカテゴリーとして、今季から本格始動する電気自動車のワンメイクシリーズ『ジャガーIペース eトロフィー』。その開幕戦サウジアラビア・リヤドのディルイーヤ市街地戦には全11台のマシンがエントリーする。

 全13戦で構成されるフォーミュラEカレンダーのうち、全10戦で併催されるIペース eトロフィーは、シリーズレギュラーとなる各エントラントに加え、ジャガーが選抜する「世界的に活躍するモータースポーツ界の若手やスタードライバー」が、毎回VIPゲストとして招聘。その開幕戦ゲストには、GP3にも参戦経験を持つイギリス人女性ドライバーのアリス・パウエルが抜擢された。

    フォーミュラE:7名の女性ドライバーが参加へ。開幕戦翌日のインシーズンテスト、暫定エントリーが公開

 シリーズに一番乗りで参戦表明を行ったレイホール・レターマン・ラニガン・レーシング(RLLR)に続き、ジャガー・ブラジル・レーシング、チーム・アジア・ニュージーランド、チーム・チャイナ、チーム・サウジアラビアなどが続々とエントリーを表明。

 アジア・ニュージーランドからはFEのパナソニック・ジャガー・レーシングに所属するミッチ・エバンスの兄であるサイモン・エバンスが参戦するほか、11月初旬にチーム体制発表を行ったフィースマン・ジャガーIペース eトロフィー・チーム・ジャーマニーは、元F1ドライバーのクリスチャン・ダナーが監督に就任。

 そのドライバーには、ジャガー市販車部門最速の1台である『ジャガーXE SVプロジェクト8』のニュルブルクリンク・アタックと開発テストを担当した女性ドライバー、セリア・マーティンの起用がアナウンスされている。
 ジャガー・レーシング会長のゲルト・マウザーは「この歴史的瞬間を迎えられたことを、とても誇りに思う」と喜びを語った。

「我々は素晴らしいパフォーマンスを持つ市販の電気自動車を世界の主要都市を舞台とした市街地トラックに持ち込み、モータースポーツの新たな1ページを開くというアイデアを長年温めてきた」

「数多くの自動車賞を受賞した『ジャガーIペース』のパフォーマンスを知らしめる最高のショーケースになるだろう。それがこの週末にいよいよ現実になる、本当に待ちきれない気分だ」

「我々はこのチャンピオンシップをゼロから構築し、世界中のドライバー、チーム、パートナーを集めている。これはまだほんの序章に過ぎないよ」

 一方、FEの創設者でありシリーズCEOを務めるアレハンドロ・アガグも「エレクトリック・モータースポーツの歴史に新たな章を書き加えたジャガー・レーシングに祝福の言葉を贈ると同時に、この週末の成功を祈っている」と付け加えた。

「彼らがFEのグリッド上でともにシリーズ開催を実現させたことを、とても誇りに思っている。この『ジャガー I-PACE eトロフィー』はそれにふさわしいスペクタクルを演出してくれるだろう」

「このシリーズが加わることにより、我々のファンに対してはコンパクトなワンデイ・フォーマットのタイムスケジュールの中で、常に飽きさせることのないアクションがお届けできるはずだ。その初レースの興奮と最初のウイナーを見届けるのが、今から楽しみだよ」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します