現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > シロトキンとウェーレインに、フェラーリF1のシミュレータードライバーとして起用の可能性が浮上

ここから本文です
スポーツ 2018.12.11

シロトキンとウェーレインに、フェラーリF1のシミュレータードライバーとして起用の可能性が浮上

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セルゲイ・シロトキンとパスカル・ウェーレインは両者とも将来的にF1への復帰を目指しており、彼らはフェラーリの開発ドライバーの候補となる可能性がある。

 シロトキンはウイリアムズに復帰するロバート・クビカにシートを奪われ、2019年にはF1を離れることが決まっている。

    シロトキンがウイリアムズF1を離脱することになった真の理由を、SMPのサロが明かす

 23歳のシロトキンがロシアのChampionatに語ったところによると、彼は2018年はダニール・クビアトが担当していたフェラーリのシミュレーターおよび開発業務に関心を持っているという。

「来週この件について決めることになるだろう。2020年のF1復帰を目指すなら、なおさらだ」とシロトキンは語った。

「とても良い環境になり得る。なぜならハース、ザウバー、フェラーリという3チームの仕事を一度にすることになるからね。素晴らしい選択肢だ」

 パスカル・ウェーレインは、最初はマノー、その後はザウバーにおいてグランプリレースで2シーズンを過ごした後、2018年はグリッドから去ることになった。

 メルセデス傘下にいたウェーレインは、1月にマヒンドラからフォーミュラEのマラケシュでの第2ラウンドに参戦する。彼はメルセデスのドライバープログラムから外れることになった。

 しかしセバスチャン・ベッテルによると、ウェーレインも2019年はフェラーリでの仕事を狙っているという。

「そうだね、彼は僕たちのシミュレータードライバーになるかもしれない」とベッテルはBlick紙に語った。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します