現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > シーズンオフ技術解説:20年で飛躍的進歩を遂げたF1エンジン。メルセデスが誇る耐久性の高さに迫る

ここから本文です
スポーツ 2018.12.11

シーズンオフ技術解説:20年で飛躍的進歩を遂げたF1エンジン。メルセデスが誇る耐久性の高さに迫る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年シーズン、コンストラクターズチャンピオンシップ5連覇を達成したメルセデスは、パワーユニットの耐久性において圧倒的な安定感を見せた。前年と比べても年間で使用できるコンポーネントの数が厳しく制限されている中で、彼らの誇る耐久性はどのようにして築き上げられたのだろうか。

--------------------

    ホンダF1副TD本橋の2018年総括(3):PU運用面で大きく成長し、深い絆で結ばれたトロロッソ・ホンダに欠けていたもの

 1基のレーシングエンジンをここまで長く使い続けることは、F1GPの長い歴史でもこれまでなかったことだ。ほんの1年前と比較しても、エンジン寿命は約40%伸びている。

 しかも驚くことに、パフォーマンスも同時に向上している。メルセデスV6ハイブリッドの生みの親アンディ・コーウェルが、その秘密を語ってくれた。

 ここでもう一度おさらいすると、2018年はICE(エンジン本体)、ターボコンプレッサー、MGU-H(熱エネルギー回生システム)が年間3基、そしてMGU-K(運動エネルギー回生システム)、ES(エナジーストア)、CE(コントロールエレクトロニクス)は年間2基しか使えない。つまりICEなどの3ユニットは、2017年には1基あたり5戦で交換できたのに対し、今季は7戦使い続けなければならなかった。さらにMGU-Kやバッテリーは、10~11戦の耐久性が要求された。

 そんな中でメルセデス製パワーユニットの信頼耐久性は、群を抜くものだった。

■2018年シーズンのパワーユニット使用状況ドライバーチームパワーユニットV6TurboMGU-HMGU-KESCEハミルトンメルセデスメルセデス333222ボッタスメルセデスメルセデス444333ベッテルフェラーリフェラーリ333222ライコネンフェラーリフェラーリ333222リカルドレッドブルルノー565544フェルスタッペンレッドブルルノー444433ペレスフォースインディアメルセデス333222オコンフォースインディアメルセデス333222ストロールウイリアムズメルセデス333222シロトキンウイリアムズメルセデス333222ヒュルケンベルグルノールノー565444サインツJr.ルノールノー444333ガスリートロロッソホンダ888633ハートレートロロッソホンダ888734グロージャンハースフェラーリ333222マグヌッセンハースフェラーリ333222バンドーンマクラーレンルノー444333アロンソマクラーレンルノー444433エリクソンザウバーフェラーリ433232ルクレールザウバーフェラーリ333222

■20年で飛躍的に進化したF1エンジン

「20年前のF1と比較すると、F1エンジンの開発の歴史には感慨を覚えざるを得ない」と、コーウェルは言う。

「当時は金曜日に1基、土曜日の朝に1基、予選用に1基を投入。さらに決勝当日には、朝のウォームアップ用に1基、レース用に1基と、1台あたり5基のエンジンをGP週末に投入していた。年間16戦だったら、80基ということになる。それが今はシーズンを通じて、たった3基なんだからね」


「そして予選時とレースでのパワー差は、20年前に比べれば非常に少ない。その意味するところはエンジンの長寿命化のために、パワーを抑えたりはしていないということだ」

「設計から開発、パーツ製作、メンテナンスに至るまで、実に緻密な作業を行ってきたおかげだと自負している。CAD(コンピューター支援設計)を始めとするコンピューターによる開発サポートが大きかったし、パーツの材質の進歩、表面仕上げの精度や潤滑油の飛躍的な進化も無視できない」

(技術解説その2に続く)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します