現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スペインにF1を知らしめた王者フェルナンド・アロンソ。18年の軌跡を振り返る【今宮純のF1コラム】

ここから本文です
スポーツ 2018.12.11

スペインにF1を知らしめた王者フェルナンド・アロンソ。18年の軌跡を振り返る【今宮純のF1コラム】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年シーズンをもって、一度F1から離れることを決めた2度の王者フェルナンド・アロンソ。2001年のデビューからタイトル獲得、インディ500出場、そして今年の最終戦アブダビGPまでをF1ジャーナリストの今宮純氏が振り返る。

----------------

    F1を去るアロンソを惜しむ声。かつての最大のライバルやチーム関係者が語る“すごさ”とは

■国王も祝福、アロンソの最大功績とは?
 2006年スペインGPは前年初王者となった凱旋レースで、民族大移動のような光景に出くわした。バルセロナ市内からカタロニア・サーキットへの高速道路は大渋滞。普段40分なのに2時間かかった。動かない車列の間からは子供たちの「アローンソ、アローンソ!」の声、お父さんもお母さんもつられて一緒に……。

 レースのチケットはとっくに売り切れ、スタンドが増設されても席が足りない。4年前の2002年にはアロンソはいなかった。2001年デビューの翌年はルノーのテストドライバーだった。それでもスペインGPにはアロンソを目当てに23万人の観客が来た。

 2003年は25万人、2004年、2005年はそれぞれ27万7300人、27万6800人。2006年になると、その数は34万2000人にまで到達。一挙に7万も増えたのだ。周辺道路は早朝から完全にマヒ状態、だから25kmの距離に2時間かかった。

 大観衆の期待に応えてこそスーパースター、2006年はポールポジションから完全勝利。「みんなの前でもっと走り続けていたかった」と胸を張った王者。

 フェルナンドは世界で数々の名勝負レースを戦い、スペインの一般市民に<サーキットのドラマ>を振りまいた。最も若くしてチャンピオンに、それもドイツのあのミハエル・シューマッハーとフェラーリを打ちのめして。余談だがタクシーに乗った際、老運転手が自慢げに笑いを浮かべ話しかけてきた。

「俺のこの古いルノーだって、フェルナンド様が乗ったら、フェラーリなんかより速いぜ(笑)」

 彼ら国民の日常に、簡単に入り込んでいったアロンソ。フットボールや闘牛の国にフォーミュラ・ワンを知らしめたのである。ファン・カルロス国王もフェルナンドのいちファンで、勝つたびに国際電話で祝った。最終戦アブダビGPにも80歳の高齢ながら駆けつけている。

 アロンソに熱狂したよき日々はもう帰って来そうにない。この国の『フェルナンド・ロス』の心情を国王も胸に抱いていたに違いない……。

■2001年は才能の集中。スター街道を駆け抜けた三人のドライバー

 スポーツの世界ではある年に、凄い新人たちが同時に出現するときがある。どうしてそうなるのか、理屈ではなく才能が集中して“配置”されるように。

 2001年がそうだった。ウイリアムズのファン・パブロ・モントーヤ、ザウバーのキミ・ライコネン、ミナルディのアロンソ。三人の新人は傑出した存在感を示し、それから実力を極めていった。


 ジャガーのルチアーノ・ブルティやアロウズのエンリケ・ベルノルディもデビューしたが、5人のうち彼ら3人がスター街道を駆け抜けた。

 南米コロンビアから、北欧フィンランドから、そしてスペインから。それぞれ個性的なキャラクターでファンをひきつけた。『動のモントーヤ』と『静のライコネン』。ではアロンソはというと、このふたりとはやや違う。ドライバーとして戦績をとり上げると、無冠と1冠と2冠王であるのが異なる。王冠をひたすら求め、野心を持ち続けてきたのがアロンソである――。

■記録と記憶に刻み込まれた14の闘い

 314グランプリ参戦、32勝、表彰台97回、ポールポジション22回、最速ラップ23回、獲得ポイント1899点。これが17シーズンの公式記録だ。カーナンバーにちなみ<14の闘い>を選抜してみよう。

*2001年オーストラリアGP:12位【最年少完走記録19歳218日】

*2003年マレーシアGP:初PP&3位【最年少PP記録21歳237日/同表彰台記録21歳238日】

*2003年ハンガリーGP:優勝【最年少優勝記録22歳26日】


*2005年サンマリノGP:優勝【0.215秒差でシューマッハー完封】

*2005年ブラジルGP:3位【当時の最年少チャンピオン記録24歳59日】


*2005年日本GP:3位【予選16番手からのオーバーテイクショー】

*2006年スペインGP:優勝【母国凱旋初勝利】


*2008年日本GP:優勝【2回目開催富士、非力ルノーで逆転】

*2011年イギリスGP:優勝【予選3番手からウエット/ドライレース逆転】

*2010年イタリアGP:優勝【フェラーリ移籍初年度に聖地でポール・トゥ・ウィン】


*2012年ヨーロッパGP:優勝【バレンシアでグリッド11位から逆転に涙】

*<2017年インディ500>:24位【27周ラップリードも450マイルでストップ】


*2018年アゼルバイジャンGP:7位【1周目事故ダメージ後にピットへ戻り追走】

*2018年アブダビGP:11位【グリッド15位からの『惜別ラン』】


PS.彼のレースには凡戦などほとんどなかった。生粋のレーサーに『Hasta luego(じゃあ、またね)』と言おう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(AUTOSPORT web )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します